TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/23 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3774710 更新:2013年08月01日

低学年の水泳指導 水浮きからばた足まで!!②


低学年水泳指導法 けのびからばた足の指導

指示1:

男の子は向こうのプールサイドに1列で並びます。
女の子は、こちら側に1列で並びます。

__________2013-08-01_14.10.45

図のように横向きで泳いでいく。

指示2:

最初は男の子からです。
手をピンと伸ばして、耳につけます。
足もピンとのばしたままでスーッと浮きます。足がついたらストップです。
用意、スタート。

足がついたら、そこから同じようにけのびをさせる。
女の子側の壁にタッチしたら、けのびで元にもどる。

指示3:

次は女の子です。男の子がやったように、けのびで向こうまでいって、帰ってきます。
用意、スタート。

男女別に分けておくと、どちらが泳ぐのかということが分かりやすい。
話を聞けていない子でも、周りの動きを見て、動く事ができる。

また、慣れてくると、男子が向こう側に帰っている間に、女子もスタートして、できるだけ空白をなくすようにするといい。
学校水泳で大切なことは、第一に安全、第二に、運動量、第三に楽しさだ。
運動量を確保するには、できるだけ待ち時間をなくして、次々と運動させていくことが重要だ。

指示4:

次はバタ足をつけます。
腕はピンと伸ばしたまま、足はバタ足です。
男の子から、用意、スタート。

同じようにして、男子を追いかけるように、女子もバタ足をスタートする。
ここでも、上手な子をとりあげ、見本をやってもらう。
さらに、もう一度、同じ泳ぎにチャレンジするという流れにすると、子どもたちは上手に泳げるようになっていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド