TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2892915 更新:2013年08月01日

詩『千の風になって』


『千の風になって』という歌がヒットし、テレビなどで聞く機会が多くなった。
メロディーも良いが、詩の内容も味わい深いものがあるので、子どもたちに是非この詩を味わってもらいたいと考え、授業で取り上げてみた。

「千の風になって」の曲の冒頭部分を流す。

発問1:

聴いたことがある人。

いなかったので、「この曲は、『千の風になって』といいます。」と説明した。
教材文を配布する。(千の風になっての歌詞を印刷したものを使った。) 

指示1:

各自で1回音読しなさい。

それぞれに読ませた。読めない所はとばしても良いことにした。

指示2:

読んで下さい。

 指名して、読ませた。「とっても上手。」とほめた。

指示3:

最後の2行を、もう一度読んで下さい。

 指名して、読ませた。「あの 大きな空を」のところで、「あの」と「大きな空を」の間を開けて読んでいた。「間に気づいたね。よく読めたね。」とほめた。

発問2:

誰が誰に対して語っていますか。

 「『私』が『あなた』に語っている。」
 「死にそうな人が、大事な人に語っている。」
 「死んだ人が、生きている(残された)人に語っている。」

発問3:

私は今、生きていますか。死んでいますか。

 「死んでいる。」
 「死にそうだけど、生きている。」
 「わかりません。」

説明1:

「私」は、書いている時点では生きています。でも、亡くなることがわかりますね。

発問4:

「私」は、亡くなったあと、何になるのですか。なるものすべてに丸をつけなさい。

 配布したプリントに丸をつけさせた。    
 「光」「雪」「鳥」「星」「千の風」

発問5:

一番多く出てくる言葉は何ですか。

「千の風です。」

説明2:

光、雪、鳥、星。これらのような自然のものに姿を変え、千の風のように大きな空を吹き渡っているのですね。

発問6:

「大きな空」は、どんな様子ですか。

「晴れている空。」
「青く晴れ渡っている。」
「広い空。」
「青い空に白い雲が浮かんでいる。」
 どれもイメージに合っていたので、「そういうイメージだね」と認めた。

発問7:

「あの 大きな空を」の「あの」と「大きな空」の間には、どんな言葉が入りますか。
短くノートに書きなさい。

「思い出の中の。」
「いっしょに見た。」
「遠くの。」
「今見えている。」

説明3:

「あの 大きな空」は、「あの時いっしょに見た思い出の」と、「あの、今、目の前に広がる」の二通りの解釈ができます。
 この詩は「私は死んでも、あなたの心の中に生きている」そして、「千の風になり、いつもあなたを見守っている」ということを伝える詩なのです。

子どもたちは、この言葉をしっかりと聞いていた。

授業を終えて、子どもたちの深まりがやや足りない気がした。子どもたちの読みが少なかったことに原因があったのではないかと思われる。音読を多くする配慮が必要だった。
 《参   考》 作者不明 日本語詩 新井満:『千の風になって』(講談社)
          新井満:『絵本 千の風になって』(理論社)
         作者不明 訳 南風椎:『あとに残された人へ 1000の風』(三五館)
         佐保美恵子 :『千の風にいやされて あとに残された人々は、悲しみをどうのりこえたか 』(講談社) 他


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド