TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/17 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1143385 更新:2013年08月01日

国づくりのバトン


齋藤武夫氏(埼玉県)実践の追試(齋藤武夫『学校でまなびたい歴史』産經新聞社より)

自分の父母は二人。祖父母は四人。曾祖父母は八人......。
一代遡る毎に先祖の人数は二倍になる。
弥生時代迄遡れば,日本人の多くは同じ先祖に行き着いてしまうという。
いつの時代でも必ず自分の先祖は存在した。

歴史を学ぶという事は自分の祖先の歩みを学ぶ事である。
歴史上の有名人と我々の先祖が一緒になって日本を守り育ててきた。
そうした我が国の歴史を学び,国づくりのバトンを引き継ぐ気持ちを子供達に抱かせたいものである。

(授業ではwebワークを使う)

指示1:

歴史上の人物で,自分の知っている人をノートに書いてごらんなさい。(列指名)

説明1:

(●年表提示)日本の国が出来ておよそ1600年です。
歴史上の有名人は,それぞれが日本の歴史の上で大活躍をしました。
その繋がりの末に,今の日本があります。
今日から,これらの人物の働きを通して,日本の国の歩みを学びます。

説明2:

(担任の系図を黒板に提示)私の系図です。

発問1:

この系図から分かる事は何ですか。

説明3:

親子関係の繋がりが分かるのですね。

指示2:

自分の系図を書きます。先ず,プリントの一番下の四角に,自分の名前を書いてごらんなさい。

指示3:

次に,お父さんやお母さん,お爺ちゃんやお婆ちゃんの名前も書き入れましょう。
分かる範囲で構いませんよ。

説明4:

皆さんには,お爺ちゃんは二人,お婆ちゃんも二人で,合わせて四人居る事が分かりましたね。

発問2:

では,お爺ちゃんとお婆ちゃんを生んだご両親は,全部で何人ですか。  「八人です。」

発問3:

そのご両親は全部で何人ですか。  「十六人です。」

発問4:

そのご両親は?   「三十二人です。」

発問5:

系図を一代遡ると,ご先祖様はどのように増えていきますか。  「二倍二倍と増えていきます。」

発問6:

皆さんのご先祖様は,全部で一体何人居るのですか。  「数え切れない位です。」

発問7:

どうして,そうだとはっきり言えるのですか。

「両親が居なければ子供は生まれないし,先祖は二倍二倍に増えていくからです」

説明5:

これから勉強していく歴史の中には,どの時代にも皆さんのご先祖様が必ず居ます。
何人位いたのか計算してみます。

説明6:

 (●ご先祖様の人数を試算した資料を提示)
一世代をおよそ三十年間とします。親が三十歳で子供が生まれたと考えてみます。

説明7:

(●大東亜戦争の写真を提示)
すると,皆さんの祖父母四人が生まれたのは,今からおよそ六十年前です。
太平洋戦争が終わり,焼け跡からの復興に汗水垂らしていた頃です。

説明8:

(●明治~大正時代の写真を提示)八人の曾祖父母は,今から九十年前。
大正時代。日本がロシアとの大戦争に勝ち,自由だった時代です。

説明9:

(●江戸末期の絵を提示)百八十年前です。ご先祖様が六十四人となります。
日本の周りにロシアやフランスの船がやって来て,平和な江戸時代の日本に不安の蔭が押し寄せてきた時代です。

説明10:

(●織田信長,豊臣秀吉,徳川家康の絵を提示)一気に飛びます。
四百二十年前。戦国武将が活躍していた時代です。
皆さん一人一人のご先祖様が,何と一万六千三百八十四人も生きていた計算になります。

発問8:

(●源頼朝の絵を提示)源頼朝が鎌倉に幕府を開いた頃。今から八百十年前。
ご先祖様は何人だと思いますか。

説明11:

計算の上では,皆さん一人一人のご先祖様が,一億三千四百二十一万七千七百二十八人居た事になります。

発問9:

何かおかしいと思った人?(挙手させる)
何がおかしいと思いましたか。

「日本の人口は,そんなに多くないんじゃないでしょうか」
「多過ぎます」

説明12:

(●「日本の人口の推移」提示)
二千年前,人口は六十万人だったと言われています。
八百年前,源頼朝の時代は七百万人でした。
四百年前,江戸時代が始まった頃は千三百万人。
百五十年前,明治時代が始まった頃は三千五百万人でした。
日本の人口が一億を超えたのは,およそ三十年前です。

説明13:

少ないご先祖様から少しずつ子孫が増えていって,とくに最近の百年間で急激に増えて今の日本があるのです。
弥生時代迄遡れば,日本人の多くは同じご先祖様に行き着いてしまいます。
ご先祖様が重なっているので実際の人数は計算のようにはいきません。
しかし,皆さんの沢山のご先祖様の誰かが,必ずどの時代の日本にも居た事は間違い有りません。
どの時代にも必ず居た二千年間の先祖を全部合わせれば,矢張り数え切れない程沢山居たのです。

発問10:

(●世界史年表提示)日本と他の国を比べてみます。気が付いた事はありませんか。

「日本だけが,ずっと続いています」
「他の国は国の名前が変わったりしているけど,日本だけずっと同じです」

説明14:

歴史を学ぶという事は,私達自身の沢山のご先祖様が歩んできた,その道を,その歩みを学ぶ事です。
数え切れない位のご先祖様と歴史上の有名人達が一緒になって日本を護り育ててきました。
それは「国づくりのバトン」です。
「国づくり」というバトンが受け継がれてきたお蔭で今の日本があり,今私達がこうして生きられます。
そういう感謝の気持ちで歴史を勉強する事が大切です。
歴史の勉強が終わった時,命のバトンだけでなく,日本の国の,
歴史のバトンも受け継ごうという気持ちになれると良いですね。

指示4:

今日のお勉強の感想をノートに書いておきなさい。        

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

〈参考資料〉
■齋藤武夫『学校でまなびたい歴史』産經新聞社
■亀井高孝 他『世界史年表・地図』吉川弘文館


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド