TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/24 現在)

21504
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1915308 更新:2013年07月28日

ミニ英会話・1時間目 「あいさつをしよう」(4/20)


対象 英会話学修歴1年目 小学2年生
ダイアローグ  Hello!I‘m ~.Nice to meet you.
単語  文房具準備  パペット人形

0・あいさつ

T:Hello~!!
テンションをあげて、元気よく。
C:Hello~.
子どもの声が小さければ、何度か繰り返す。その中でも、頑張っている子、声の大きい子を見つけておく。

1・趣意説明

説明1:

「今日から、毎週木曜日の朝は、英会話のお勉強をします。この勉強で一番大切なこと・・・それは、さっきの○○君のように、大きな声で英語を話すことなのです。 何度も何度も間違い、それでも失敗を気にせずがんばれる人は英語を話すことが上手になれるんですよ。」 
「英語は、世界で一番たくさんの人と通じる言葉です。みんなも英語を話すことができたら、たくさんの人とお友達になれるんですよ。」

とっても大事だから、子どもを見ながらゆっくりと話す。

2・状況設定

※本来なら単語から入るが、今日は単語はないので。その代り、時間終わりに「文房具」の単語練習を取り入れる。
(紙袋の中から、ごそごそと音がする。教師は不思議そうな表情をする。)
T:?(紙袋の中を確認する。)
E:Hello everyone!(突然出てくる)
袋から出てきたパペットが、子どもに向かってあいさつをする。
C:Hello~!
E:I‘m ELMO.Nice to meet you.
E:Oh!Sorry.
教師の方に向き直ってあいさつをする。  
Hello~.
T:Hello~.
E:I‘m ELMO.
T:I‘m Tamami.
E:Nice to meet you.
T:Nice to meet you,too.

3・ダイアローグ練習
①教師の後に繰り返して発話する

T:Hello~!
C:Hello~!
T:I‘m Tamami.
C:I‘m ・・・.
なかなか”I’m (自分の名前).”と発話できない。
その時は教師が、子どもを指し示して”I’m (その子の名前).”と例示する。それを2~3人繰り返すとよい。(原実践・井戸砂織氏)
T:Nice to meet you.
C:Nice to meet you.
はじめはゆっくりと、だんだん早く発話させていく。もしも難しそうにしていたら、”meet you.”→”Nice to meet you.”と、細分化して指導する。
T:Nice to meet you,too.
C:Nice to meet you,too.

②教師対子どもで会話をする

T:I’m A part.Every one B part.
I’m~.のときは、自分を指しながら、”Everyone ~.”のときは子ども達を手で示しながら言う。
T:Hello!C:Hello.
T:I’m tamami.
C:I’m (自分の名前).
T:Nice to meet you.
C:Nice to meet you ,too.
 慣れてきたら、握手をするゼスチャーをすると楽しい

③役割を交替する

T:Switch roll.One two.
 子どもから会話を開始するときは、教師が手拍子で「One,two」としてやればよい。
C:Hello.
T:Hello!

④グループ対グループ

T:This group A.Raise your hand.
  This group B.Raise your hand.
自分がどちらのグループなのか、それをはっきりさせるために行う。

4・アクティビティ

前方に座っている子に”Hello!”と話しかけ、本日学習したダイアローグを話す。
2人ほど繰り返す。
T:1,2,3parson.And sit down.
  Ready-Go!!

5・発表

T:Any charenger?
立候補した子を思いっきり褒める。

6・単語練習
7・あいさつ

That's all for today ! Good-bye!!


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド