TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/21 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1648787 更新:2013年07月25日

光村6年上『班を代表して メモに整理して発表しよう』の実践


メモを元に発表する実践です。メモするために質問すること、そして気軽に全員が行うことで、楽しみながら力を付けることが出来ます。光村図書出版6年上の教科書では、2ページのミニ単元の実践です。

指示1:

この中から、自分がインタビューされたらいろいろと答えられそうなもの、三つに○をつけましょう。

あらかじめ、プリントを配布しておきます。
「最近はずかしかったこと」 「最近悲しかったこと」 「みんなにじまんしたいこと」 「最近腹が立ったこと」 「ほっと安心したこと」 「命の次に大切なものは?」 「最近失敗したなと思ったこと」 「友達数人で出かけてみたいところ」 「最近うれしかったこと」 「生まれてよかったと思うとき」などを記入しておき、この中から選ばせます。

説明1:

先生がA君に質問します。メモを黒板に書きます。時間は3分間です。見ていて下さいね。

A君は、比較的質問にバンバン答えられそうな子です。たまたま、黒板の近くに席がありました。3分間、タイマーをセットしてスタートです。
 まずは、A君に最も話したいテーマについて、一文だけ言ってもらいました。
  A君「ぼくが生まれてよかったと思うときは、おしいし物を食べているときです。」
先生「その中でも、何が好きですか。」
  A君「海の魚です。」
先生「ということは、川の魚はだめなんですか?」
  A君「そうです。」
先生「海の魚でも、特に何が好きですか?」
  A君「まぐろです。」
 このようなやり取りをしながら、同時に黒板にメモを書いていきます。 

【メモ】(黒板に書きました。)
 A君メモ
  う・おいしい物
    海の魚  まぐろ・赤身・すし
    川の魚×
    肉・牛肉・バーベキュー
    野菜はあんまり

指示2:

後でこのこのメモを見て発表します。今のようにいろんな質問をしておくといいですよ。では、ここまでを、二人組でやりましょう。

機械的に分けたペアでさせます。一人は話す、もう一人は質問しながらノートにメモ、の役割です。「二人組」がポイントです。必ず、当事者にさせます。
 ジャンケンで順番を決め、3分交替で実施しました。指導者は、二人の間を見て歩き、ちょっとだけアドバイスする、という感じです。

  次は、メモを見ながらの発表です。

説明2:

次は、メモを見ながら発表します。まず、先生がやってみます。

「A君が「生まれてよかったと思うとき」は、おいしいものを食べているときだそうです。その中でも海の魚が好きなんだそうです。川魚はだめだそうです。
A君に魚を食べてもらうときには海の魚にして下さいね。その中でも、マグロ、その中でも赤身が好きなんだそうです。(以下、省略)」

説明3:

こんな感じです。原稿なし、黒板に書いたメモを見ながら話します。時間は1分間。

 

子ども達は、黒板のメモ、そして、教師、説明されるA君を見ながら、ニコニコして聞いていました。最後に、A君に10点満点で評価してもらいました。8点をもらいました。

指示3:

さあ、みんなもやってみましょう。

ここは時間と人数が許せばクラス全体で、または、5~6人のグループ内でやった方がいいようです。発表時間は1分間とします。インタビューの相手から評価をもらうことも大切です。
 全員の発表後には、感想を書かせたり、感想を述べさせたりすれば、クラスの雰囲気がさらによくなることでしょう。

 以上、インタビュー、メモ、そして発表という、実技を通した授業実践でした。学級作りにも役立つ実践です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド