TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8726450 更新:2012年12月03日

誰でも必ず1回は跳ばせる「ダブルダッチ」


《先行実践》 2008年第4回TOSS体育フレッシュセミナー四国in香川 
         根本正雄氏講座起こし(根本氏から許可を受けています) 

準備物 
    ・ダブルダッチ用の縄(色の異なった長縄) 4・5人に一組
   (低学年は長い縄の方が,縄のスピードが遅いので跳びやすい)

指示1:

リズム太鼓に合わせて、短縄で体育館を回ります。

なわとびは、かけ足跳びが基本である。
変化のあるくり返しで,いろんなリズムでかけ足跳びをして回る。
1ヵ所に集めてから,

説明1:

今日は,ダブルダッチをします。
二本の縄を跳ぶスポーツです。

説明2:

今日は,全員,必ず1回は跳ばせます。

と言い切る。

説明3:

縄を回す練習します(縄はすぐに持たせない)。

指示2:

1つ目のポイントは,「肘を中心に回す」です。
足を肩幅くらいに開いて,先生と同じようにしてごらん。

うまくできている子をほめる。

指示3:

2つ目のポイントは,「縄の持ち方」です。
縄は,柄と縄の境目の部分を人差し指と親指で
つまむように持ちます。

ダブルダッチは,跳ぶより縄を回す方が断然難しい。
よい回し手を育成することが,全員跳ばせるための成功のカギ。

指示4:

それでは,二人で回してごらん。

初めからうまくいかない。
できているところをほめる。
それでも,できないペアには,教師が片方を回してやる。
教師がリードすることで,回し方が体でわかる。

発問1:

次は跳び方です。
一番跳びやすい場所(縄の位置)は,どこですか?

 「真ん中」と答える。

説明4:

そうです。縄の真ん中で跳びます。
縄に入るときは,自分に近い縄だけを見ます。
その縄が地面について,上へ上がった瞬間に縄に入ります。

と言い,見本をみせる。 

説明5:

最初は,両足跳びが跳びやすいです。
なれたら,片足交互に挑戦してごらん。
今日は,1回跳べるのが目標です。やってごらん。

ほとんどの子が1回は跳べる。
タイミングがわからず,跳べない子がいる。
教師が入るタイミングを「ハイ」とか「ゴー」などと言うとよい。
また,教師が回し手になり,ゆっくり回して跳ばせる。
それでもできない子は,短縄で走りながらのかけ足跳びを練習をさせる。

発問2:

ダブルダッチ,1回でも跳べた人?

みんなできたことをほめる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド