TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/16 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8169777 更新:2013年07月23日

柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺


4年(光村下)の「声に出して読もう」には、6首の俳句・短歌が載っている。
声に出して読み、リズムや言い回しに慣れた後、教師が選択した一首を情景を思い浮かべながら読み取らせたい。
「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」を、五感を使って、情景を思い浮かべながら読み取る授業を行った。

「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」を自分で3回読ませた。

発問1:

季節はいつですか。

秋である。
「どうして秋だとわかったのですか」と聞くと、
「柿と書いてあるから」と「柿」に注目した。
「俳句には、季節が分かる言葉が入っています。」と教えた。

発問2:

この俳句を読んで、見えるものは何ですか。

子どもからたくさんの考えが出た。

鐘・法隆寺・柿・柿の木・落ち葉・人・門・家・夕日・カラス・店・空・お坊さん・紅葉・クモの巣・だんご・木・庭・鳥・猫・犬・土・皿・つまようじ・鳥居・いちょう・焼き芋・地面・自分の手・石ころ・すずめ・京都・池・カエデ・町の人・虫・すすき・とんぼ・電信柱・テレビ・リモコン・こたつ

「テレビ・リモコン・こたつ」という考えが出てきたので、次の発問をした。

「この中で、見えるとおかしいものは、何ですか。」
子どもから、次の意見が出た。
①テレビ・リモコン・こたつは、俳句が作られたころはまだなかったから、見えるのはおかしいと思う。
②お坊さんは、鐘をついているので、見えるのはおかしいと思う。

発問3:

この俳句を読んで、見える色は、何色ですか。

これも、たくさんの考えが出た。

赤・オレンジ・黒・灰・紅・紫・茶・黄・肌・白・銀・ピンク・青・ベージュ・黄緑・橙

発問4:

この俳句を読んで、何の、どんな音が聞こえますか。

音を想像させると、子どものイメージがふくらんだようだった。

子どもの考え

グオーン・ゆさゆさ・カーカー・カッカッカッ・バサバサ・チクタク・ヒュ~・ビュービュー・さらさら・ゴーンゴーン・チュンチュン・クシャクシャ・ポチャン・サッサッ・キンコンカンコン・シャシャ・ピーピー・クシャクシャ・ざわざわ・カリッ・カサカサ
話し声・まいどありー・柿を食べる音・鐘が鳴る音・時計の音・歩く音・動物の声・落ち葉が落ちる音・鳥の声・柿をかじる音・茶を入れる音・落ち葉を踏む音・ほうきで掃く音

発問5:

この俳句を読んで、何の、どんな匂いがしますか。

子どもの中には、私には気づかない匂いに気づいて生活している子がいるのだと、子どもの発表を聞いてわかった。

子どもの考え

柿の匂い・木の匂い・銀杏の匂い・たき火の匂い・甘い匂い・おいしい匂い・土の匂い・火の匂い・焼き芋の匂い・線香の匂い・昔の家の匂い・自然の匂い・秋の匂い

発問6:

この俳句を読んで、何の、どんな味がしますか。

子どもの考え

柿をさわった感じ・葉をさわった感じ・縁側をさわった感じ・かたい感じ
ベチョベチョ・つるつる・さらさら・ざらざら・ゴツゴツ

指示1:

想像したことを、絵や言葉でかいてごらんなさい。

白い紙にかかせると、様々な絵をかいていた。

指示2:

かいたことを、隣の人に説明しましょう。

それぞれの絵にストーリーがあって、聞いているとおもしろかった。

授業後の子どもの感想

・想像すると本当にちょっとだけその匂いがしてきたので、おもしろかった。
・自由に書いてもいいことがわかった。
・絵に描くと、言葉よりもさらに発想が広がった。
・俳句は、絵で考えるとすごく楽しい。
・たった17文字なのに、想像できた。
・自分で思ったことを書くのが楽しかった。
・隣の人と全然違ったことがおもしろかった。
・いろいろな感じを感じたことがおもしろかった。
・1つのことを想像すると、いろいろなことが浮かんできた。

※教材 「国語(4年下)」光村図書


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド