TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/23 現在)

21504
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3600004 更新:2013年07月19日

「大丈夫だよ」注射を怖がる子への対応


                    北海道 法則化オホーツク  角田俊幸

ツベルクリンなどで注射をうつ場合、怖くて泣いちゃう子がいます。それでも、あっという間に終わります。

 向山洋一氏の著書『教師であることを恐れつつ(1年の学級経営)』(明治図書)
 P43を参考におこなったものです。
 著書の中の保健の先生対応を実践しました。

 ツベルクリンの注射のある日、
 「ぼく、注射怖くないもん。」
 「ぼくなんか100回も注射したことあるよ。」
 我がクラスのやんちゃ坊主たちは、大はしゃぎである。
 どの子も、嬉しそうに保健室へ向かう。
 ところが、保健室に入ってから予想通りの展開となった。
 さっきまで元気だったやんちゃ坊主たちも、注射器を前に顔色が変わった。
 「痛い!」
 男の子の痛そうな注射の様子を見ていた女の子が、自分の番になって泣き出した。

「大丈夫だよ。すぐ終わるからね。」

 といって、子どもを抱き込んだ。

 注射をうつところが見えないように体を包み込み、腕をしっかりと押さえるのである。

注射は、「嫌だ~」といっているうちに終わってしまう。
 「よくがんばったね。おりこうさん。」
といって、頭をなでてあげる。
 10秒もかからないうちに終わってしまう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド