TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/23 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3468738 更新:2013年07月19日

【高校英語】教科書本文の暗唱テスト


暗唱テストまでの手順

手順は以下の通りである。

 1) 十分な音読練習  
 2) Read and Look up
(覚える文を黙読して、顔を上げて部分的に暗唱する練習)
 3) 段階別暗唱練習とテスト
(覚える文を3文程度に限定し、3つの難易度のテストを段階的に受けさせる)

暗唱テスト

【本文例】 
Good evening, ladies and gentlemen. Thank you all for coming to listen to my story.
I came here in a time machine. In the year 2500, we can travel to any year in the history of the earth.
(New Srream I p.68 Lesson 6 Last Chance Part 1)

説明1:

暗唱テストをします。(Recitation Test.)
"Good evening, ladies and gentlemen." を覚えたらレベル1、
"Thank you all for coming to listen to my story.” を覚えたらレベル2、
両方覚えたらレベル3です。
レベル1を覚えたらテストを受けに来ます。OK?
制限時間は10分。

慣れないうちは日本語で活動の説明をする。

指示1:

Ready. Go.

合格の記録は、生徒にさせる。
クラスの名表を用意し、日付欄に "Level 1, Level 2 Level 3" と書いておく。

評定の方法

最初に来た生徒には、少しでも使えたり、「えーと」など本文に入っていない言葉をいったらすぐに
"Not good." "Try again."などと言い、席に戻す。
不合格になった生徒は、「え~!?」などと言いながらまた練習を始める。
他の生徒がその様子を見て、簡単には合格しないことを知り、さらに真剣に練習するようになる。

うまく言えた生徒には "Oh! Great Job! You did!" と生徒全員に声が届くくらい大げさにほめる。
合格した最初の生徒に、名表に〇をつけさせ、教卓の近くの適当な場所に置くように指示する。
これでその後合格した生徒も同じように〇をつけていくようになる。

Mini Teacherの設定

最初にLevel 3を合格した生徒をほめた後、クラスに次の指示を出す。

指示2:

今から○○君がミニティーチャーです。
彼のもとでテストを受けても構いません。
(Everyone, ○○ is a mini teacher. OK?) (You can let him decide passes and fails.)

このころには受験者が多くなっているので、受験者を振り分けることができる。
教師の前では緊張していた生徒も、ミニティーチャーの前ではのびのびと受けられるときがある。
判定役の生徒も、得意げに教師役になる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド