TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/18 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5099103 更新:2013年07月19日

ボランティアちょっとした工夫あれこれ ハンディをもつ人にとって住みやすい街ですか?


1.社会環境のバリアフリーへ

「『みんなの街』というときの『みんな』の中には、いったいだれとだれとが入っているのでしょうか。
……私のような車椅子が入っているのでしょうか。
……車椅子のことを忘れた街は、みんなの街ではなくて、一部の人びとの街にしかすぎません。」
(村田稔著『車イスから見た街』p171一部抜粋)
駅のエレベーターやスロープ、段差のないトイレ、食べ物をすくいやすい皿やスプーン、
介助を最優先した住宅などに出会う場面が増え、
障害をもつ人ともたない人が共に生きようというバリアフリーの考え方が浸透しつつあります。
しかしながら、障害をもつ人にとっても快適な社会であるかどうかは疑問です。
私どもの学年では、障害をもつ方との交流を積極的に進めてきました。
その中で、人と人とがふれあい交流するという心のバリアフリーに加え、
社会環境のバリアフリーももっと見直していくべきだと考えました。

2.栃尾の街は住みやすいか、住みにくいか

まずは、6年生の児童に、自分たちの町を見つめなおしてもらおうと、次の発問をしました。

栃尾の街は、障害をもっている人にとって、
住みやすい街でしょうか、住みにくい街でしょうか

住みやすい=7人、住みにくい=28人

住みにくい理由として、音の出る信号機や点字ブロックなど福祉施設がないことがあがりました。
これら福祉施設については、知っている子はいくつも知っていますが、
知らない子はどこにあるかも全然知りません。もう、知識の差が歴然としています。
そこで、街に出て調べることにしました。

3.車椅子で街に出かけよう

町での調べ活動の第一弾は、音の出る信号機や点字ブロック、障害者用のエレベーターを探すことです。
さらに、体の不自由な方の立場で、実際に車椅子に乗って街に出たいという意見もあったので、
福祉課にお願いして車椅子をお借りし、班で一台の車椅子で調査できるように準備しました。

昨年度、特別養護老人ホームへの訪問前に、車椅子の使い方を学習しています。
体育館に用意した段差や曲がり角で乗りましたが、実際に街を歩くのは初めてです。
緊張しながら、車椅子を交代で乗ったり押したりしました。口々に車椅子で歩く大変さに嘆いていました。乗ってみて初めてわかることは多いものです。数センチの段差さえ押して上がるのは難しいことです。今まで見えなかった段差が見えてきたのは大きな収穫でした。

4.福祉マップをつくろう

一つの班が一,二町内を調査しました。
お互いの情報を交換するために、大きな地図にそれぞれの情報をまとめました。
点字ブロックには黄色のシールを貼ったり、車椅子で危険なところを色分けしたり、
車椅子用のエレベーターやスロープ、音の出る信号機の位置を書き込んだりしました。
分布が明確に分かるのが、この地図のいいところです。
来年度に引きついで、どんどん追加していくと、さらに新しい発見がありそうです。
     

5.取材に行こう

調べ活動の第二弾は、それぞれの興味をもった分野での取材活動です。
市役所の福祉課を訪問して、行政の立場でどんなことをしているかを聞いたり
、昨年訪問した特別養護老人ホームの職員の方にインタビューしたり、
手話クラブに来ていただいている聴覚障害者の方に質問したりしました。
ホームヘルパーやガイドヘルパーに取材に行ったグループは、
「ホームヘルパーの方は、心強い支えになっている」というお話が印象に残ったと話していました。
施設や建物だけでなく、サービスという点からも考える必要があることに気づいてきました。

6.市長さんに手紙を書こう!

しだいに、子どもは福祉について栃尾でつくってほしいものややってほしいことを抱き始めてきました。
そこで、みんなの願いを関係機関(市長、福祉課、社会福祉協議会)に伝えようと呼びかけました。
最初は、「読んでもらえるのかな」と半信半疑の子どもが多かったのですが、
「点字ブロックをもっと多く設置してほしい」「ホームヘルパーを増やしてほしい」など、
子ども自身の調査のこだわりが表れていました。

7.バリアフリーの社会へ

ハンディをもつ人の視点で街を見れたことが、今回の大きな成果でした。
ゆるやかなスロープは、ハンディをもつ人にとって必要不可欠ですが、健常者にも歩きやすいものです。
ハンディをもつ人を優先した街づくりは、みんなにとって優しい街になるはずです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド