TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/23 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7814046 更新:2013年07月15日

俳句から漢詩の意味を推測する〜伝統的言語文化の授業〜


松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入蝉の声」の俳句から漢詩の意味を推測する。後半は向山洋一氏の上海での授業の追試。

次の俳句をスマートノートブックで提示した。
  
  ア 閑さや岩にしみ入蝉の声

指示1:

アを読んでみましょう。読めない漢字はぬかしてもかまいません。 

イウは隠してアだけ提示した。
列で3人読んだ後、めいめいに音読させた。

Clip_image002

指示2:

このような短い詩を俳句といいます。俳句について知っていることをノートに箇条書きしなさい。

五七五、季語があるが出た。

発問1:

季節はいつですか。

発問2:

季語は何ですか。

2人を指名した。「夏」「蝉」が出た。

発問3:

この俳句を語っている人は何に感動したのですか。

指示3:

ノートに書きなさい。

 「蝉の声」「しずかさ」「蝉の声が聞こえる中でのしずかさ」の3つが出た。
 もし出なかったら「切れ字」の「や」を扱おうと思っていた。ここでは扱わなかった。
もし、扱った場合、感動を強引に説明することになると思いやめた。子どもたちの感じた解釈を大事にした。

発問4:

蝉の声が聞こえるのにしずかとはどういうことなのですか。

指示4:

隣近所で話し合いをしなさい。

小声だけど活発に話し合いが始まった。 数人を指名した。
「蝉の声以外は聞こえないからしずか」「蝉の声が岩にしみ入って聞こえにくい」「山の中では蝉の声が遠くに響いてしずかだから」
山の中にある小学校である。子どもたちに経験ある人と聞くと半数が手を挙げた。
 イウを見せた。

発問5:

同じ日に同じ場所で作った俳句があります。読んでごらんなさい。 

数人を指名して音読させた。
季節と季語を確認した。

発問6:

アイウの俳句を作ったと思われる順番に並べ直しなさい。

指示5:

ノートにその理由を書きなさい。

 ウ→イ→ア   5人
 ウ→ア→イ   16人
 ア→ウ→イ   3人  
 イ→ア→ウ   7人
 イ→ウ→ア   1人
 5種類が出た。
 ①ウイアの理由
  山寺に先に来て、さびしい感じがした後、しずかになってスッキリした。
 ②イアウの理由
 急いで書いたからイは声がひらがな、アも急いで書いたから「る」が抜けている。ウは急いで書かなかったから省略されていない。 アとイは似ているが、ウは視点を変えた。
 ③ウアイの理由
  山寺にいて、蝉の声が帰る頃には静かになった。
  最初山寺にいて、時間がたってだんだん静かになった。
  山寺にいてしずかなところで、最後に蝉の声が少なくなってさびしくなった
 正解は ウ→イ→ア

指示6:

作った順に音読しましょう。

だんだん上手に読めるようになっている。

発問7:

岩はどんな岩だと思いますか。大きい岩とか小さい岩とか、ごつごつしている岩とか丸い岩とか。

発問8:

岩はどこにありますか。

 意見が出ないのでこの俳句のモデルになった山形県「立石寺」の写真を4枚提示した。
秋の仁王門前 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E7%9F%B3%E5%AF%BA
http://www5a.biglobe.ne.jp/~yagopin/everyday/2006/yamadera.jpg
開山堂 http://yamagata6.blog118.fc2.com/blog-entry-53.html
http://www.sendaimiyagidc.jp/sight_pps/d_tourist.php?id=0000000547
子どもたちが想像していた岩とは大きく違ったようだ。
大きな岩の上に立っている山の頂上にある岩に驚いていた。

Clip_image0021

次の漢詩を1つずつ見せた。
ピンクの部分を取ると読みが載っている。

  一鳥不啼山更幽
  いっちょうなかずやまさらにしずかなり
 みんなで音読した後、

発問9:

どういう意味ですか。俳句と読み比べて意味を考えなさい。

1人が意味を述べた。
「一羽の鳥も鳴かないので山はさらにしずかになった」
次に、
  蝉噪林逾静
  せみさわぎてはやしいよいよしずか
と提示した。
全員音読の後、同じように聞いた。
 「蝉がさわがしいが林はますますしずか」
 そして最後、

発問10:

今度はどんな生き物が出ると思いますか。しずかなのかさわがしいのか。どちらだと思いますか。

蛙、鳥が出た。
 全員が閑かである。

鳥鳴山更幽
  とりなきてやまさらにしずかなり

指示7:

どれか1つ覚えなさい。覚えたら座りなさい。

 5人に暗唱してもらって終わった。

【子どもの感想】
・今日の俳句の授業でとても頭を使ったと思います。とっても楽しかったです。特に日本の俳句だけでなく、外国の詩なども取り入れられており、とっても分かりやすく、くらべられることができました。俳句のおもいsろさがまたよみがえってきたようです。今日の楽しい授業とわかりやすい授業をありがとうございました。
・今日の勉強はいつもより少し考えて楽しかったです。授業が終わりに近づけば近づくほど俳句は奥が深くて、書いた人の気持ちが伝わってくると感じました。もう少し俳句を知ろうと思いました。そしてわかりやすかったです。楽しい授業をありがとうございました。
 
《先行実践》 向山洋一著『教え方のプロ・向山洋一全集50 向山型国語の授業の実践記』(明治図書,2003年3月),p9


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド