TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3658093 更新:2013年07月08日

三原色による星野富弘さんの画集の模写


事前に、星野富弘さんの画集から子どもたちに描かせたいものを10種類ぐらいカラーコピーしておく。

【第1時(15分)】
「プロの絵を模写します(コピーします)」と言いながら、10枚程のカラーコピーを黒板に貼る。
(この時、星野富弘さんの名前は伏せておく)
黒板に貼られた作品の中から子どもたちに一つずつ撰ばせる。

数を調べ、必要数白黒コピーして、第2時に備える。
また、カーボン紙と画用紙(8切り)を人数分用意しておく。
セロテープも数台必要。

【第2時(20分)】
「では、このプロの絵をそっくり同じに模写(コピー)します。」
と、子どもたちに伝える。
大騒ぎする子どもたちに、
「そこで、秘密兵器を使います。」
と言いながら、カーボン紙を配る。
カーボン紙の使い方を説明しながら、赤鉛筆でなぞらせる。

次回の色ぬりまでに、必要数カラーコピーしておく。
また、色試し様の画用紙を人数分準備しておく。

【第3時〜4時(45分×2】
絵の具の用意をさせ、
「みんなの分、カラーコピーしておきました。」
と、それぞれが選んだ作品のカラーコピーを配る。
「今日は、色の模写です。このプロの作品をそっくりそのまま同じ色で写します。」
大騒ぎする子どもたちに、更に以下のように告げる。
「ただし、条件があります。」と言いながら赤・青・黄と板書する。
「この3つの絵の具しか使ってはいけません」
「この3つの色で、世界中の全ての色が作れるのです。」
子どもたちから、白についての質問が出るはず。
「白も使いません。白は画用紙があるでしょう。絵の具をほとんど使わないで水だけで白が出るんですよ。」

ここから具体的な指導に入る。

①筆洗の使い方
  1番風呂→2番風呂→3番風呂
②絵の具の出し方
  豆粒程でよい
③絵の具の混ぜ方
  ぐるぐる回さず、ちょんちょんと筆の先で混ぜる。
  ※絵の具を出しすぎてしまう子、ぐるぐると色を混ぜていく子がいるので、ひとりひとりに指導する。
④色の決定の仕方
  お手本のカラーコピーの横に色試し紙を置き、色を決定していく。

子どもたちの集中度は200%に達する。

作品集、関連した道徳の指導案は、後日アップ予定。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド