TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/15 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2709967 更新:2013年06月29日

ふしづくりの音楽教育追試実践「音楽の宝箱」


ふしづくりの音楽教育追試実践「音楽の宝箱」

【ふしづくりの音楽教育】
「ふしづくりの音楽教育」は、子供たちが自分で「ふし」をつくれるぐらいの「音楽活動の基礎的な能力」を育てる音楽教育である。
「廊下で大騒ぎしていた子どもたちが、チャイムと同時にサッと教室に入るほど音楽の授業を楽しみにするようになる。そして、黒板に書かれた授業予定に従って、教師が居てもいなくてもどんどん授業が進行する。そのうちに、初見で歌い、楽器を奏で、指揮をし、作曲もし、自分たちで授業まで行うようになる・・・」そのような児童を10000人以上育てた音楽指導法である。
「ふしづくりの音楽教育」で育てられた子供の証拠の映像が、DVD化されて、視聴することもできる。
http://www.tiotoss.jp/products/detail.php?product_id=118

山本弘氏は、生前、音楽は、授業に閉じ込めておくものではなく、生活化するものだ。と述べていた。
そのためには、小品でもいいから、シングルエイジ期には、年間100曲は、暗譜で歌えるようにしておくと、中学年期以降、様々な表現の技能を要求しても対応できるだけの基礎的な音楽能力が十分に育つという。

そのための1つの微差が、この掲示である。
音楽の授業、朝の会の歌などで覚えた曲を、画用紙のカードに書いて貼り付けていく。

A32ddff3dd9517e5e54393e4cc392ab69d0d9a01_jpg

年度末の3月には、このコーナーがビッシリと曲名が書かれたカードで埋まるようにする。
1年間でも、「音楽財産」を意識して蓄積していけば、新曲がすぐに歌えるようになったり、すぐに楽器の演奏ができるようになったり、劇的に音楽能力の向上が図れる。
また、次の学年に引き継いでいければ、6年間で無数の音楽財産が蓄積するようになる。

参考文献

ふしづくりの音楽教育
http://www.chiba-fjb.ac.jp/yamamoto/


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド