TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/27 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1214248 更新:2012年10月26日

教師の実況で盛り上がる!隠れ王様ドッジボール


スポーツクラブの時間。雨で外が使えず,体育館でドッジボールになった。4~6年生の約35人。

少し遅れていったら,既に他の先生が始めてくださっていた。しかし,ボールはバレーボールで,もちろん1つ。
得意な男子が2人,外野でパスを回しながら,内野の子をどんどん当てていた。当然,他の子の運動量は少ない。
座り込んでしまった子も10人くらいいた。

10分で終わりにした後,続きを私にやらせてもらった。

指示1:

隠れ王様ドッジボールをします。今から,チームで一人,王様を決めてもらいます。王様が当てられたら,そこでゲームは終わりです。
王様は,相手にわからないように相談しなさい。決まったら,誰か先生にだけこっそり教えに来るんですよ。

①決して相手チームにばれてはいけない。スパイ行為は固く禁ずる。
②1つのチームが早く王様を教えに来たので,外野を決めさせた。
③どんなに決まらなくても,時間をかけてはいけない。1分以内に王様を決めさせる。
④その後,ジャンプボールからスタート。「ジャンプボール10秒前,9,8,・・・,0」と言って,

ジャンパーが決まっていなくても投げてしまう。ジャンパーが1人しかいない場合,絶対に勝てる。
両方いなくても,ボールはどちらかのコートに転がって,ゲームが始められる。
じゃんけんなどして長い時間をかけて決めさせることではない。たかがジャンプボールである。

ボールは,ソフトバレーボールに変えた。

当然,バレーボールでは固くて痛い。女子が大喜びだった。得意な男子は投げずらそうにしていたが,それも実力のうちである。

ゲームが始まったら教師がすることは,誰か当たった時に「ピーッ」と笛を吹くことだけではない。一番大切なことは,

ゲームの様子を実況すること

である。

スポーツ中継をテレビで見ていても,実況があるからよくわかる。音声だけだったらどうだろう。おそらく物足りなくなるだろう。
よく,野球やサッカーをスタジアムまで見に行って微妙なプレーがあった場合,実況や解説が聞けたらなあ,と思うことがある。
まして,子どもたちはドッジボールに夢中でわからない。そこで,教師が活躍するのである。

説明1:

Aちゃんアウト!おーっと,Aちゃんは王様・・・じゃない!まだ大丈夫。

説明2:

Bくんの剛速球がうなりをあげた!しかし,

発問1:

グーチームの内野はあと4人になりました。この中に,必ず王様がいます。誰でしょう!?

説明3:

ピピー!ついに決着がつきました。今当たったCくんが王様でした。ということは,パーチームの勝ち!!

もちろん,口調は教師それぞれの個性でよい。本物のスポーツ実況である必要もない。
今,どっちが有利で,残り何人で,誰が誰を当てたのか,ということがわかればよいのだ。

2回戦行い,1回戦は開始10秒で決着がついた。王様を変えた2回戦は,白熱した。
グーチームは王様が最後の1人まで残り,30分ほどの熱戦だった。
どちらも勝ったパーチームからは大歓声がわいた。

【なぜ「隠れ王様ドッジボール」が盛り上がるか】
①「王様を当てる」という目的がはっきりしている。
②王様がだんだん誰だかわかってくる。予想もできる。
③勝敗が一目瞭然である。10分で試合終了して,外野の人数を数えて,などという手間が一切ない。
④何回か行うと,王様を守ったり,ニセ王様になったりという楽しみも覚えてくる。


10回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド