TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4551092 更新:2013年06月08日

【第八章 授業・学級がうまくいかない先生へ向山からのメッセージ】教育は格闘技だ


【向山洋一のコメント】

教育は格闘技だ。
死ぬ気で本人がやることだ。
精神で子どもに負けちゃだめだ。
うわっすべりの言葉はなめられる。

【発信者のダイアリー(2007/9/30)】
かなり危険な状態の学級になっていたメンバーへのアドバイス
先ほどまで約1時間半,電話で話を聞いた。
3年生。
教室では立ち歩き,子どもの暴言など横行している。
一番大変な子どもは腕力もあり,暴力を日常的にしている。
何とか,チャイムで席に座らせたいが,チャイム時には学級で4人しか席についていない状態。
担任の話を聞かない子 多数。
校長先生,教頭先生ともに,よく来て参観し,指導してくれる。
他の先生の時には,子どもたちは言うことを聞くそうだ。
これはたいへん厳しい状態であると思った。
校長先生からは,10月からは,校内の他の先生方に交代で授業のサポートに入ってもらうのはどうかと打診されたそうだ。
教頭先生からは,直々に音頭をとって,学級での話し合いをしたそうだ。
そして,班全員が席に着いたら,黒板に正の字を書いていって,どの班もできるようになったら,学級全員で遊ぶ会をするとよいとアドバイスされたそうだ。
ここをどう乗り越えるのか。
正直にいって,かなり厳しい状態だ。
学級崩壊一歩手前,いや崩壊状態だといってもよい。
私からは次の7点をアドバイスした。
1 校長先生の提案を受け入れて,サブの先生に助けてもらいながらでもよいので学級を立て直すこと
  本人はできたら自分の力でやりたいと話していたが,もはやそういう段階ではない。
  危険な状態だ。
  自分ひとりで何とかする段階は過ぎている。
2 子どもをほめること
  子どもをよくしていくには,ほめるしかない。
  ちゃんとできている子ども,がんばっているこどもをほめること
  ほめるときには,「~なのに」「本当は~だけど」などど決して言ってはいけない。
  こういうのがつくと,ほめたことにならない。
  心の底からほめるに値することを,全面的にほめること。
3 注意や叱責をしても構わないが,する以上は,先生は人間として
  本当に許せないと思っているのだと迫力をもって示すこと
4 楽しい授業をすること
  何があっても教材研究をして,TOSSランドや本を読んでよい授業を追試をすること
5 学級づくりの核に五色百人一首を使うこと
  幸いに五色百人一首をしていた。
  このときだけは静かになるという。
  教材のもつ力のすばらしさを感じた。
  ここを核としてシステムを作ること。
6 楽しいイベントを仕組むこと
  学期に1回か2回でよいので,楽しい学級での活動を仕組む。
  お楽しみ会でも,スポーツ大会でもよい。
  料理を作ってのパーティでもよい。
  ただし,楽しい会にするために,守るべき約束やルールを話し合わせ,守らせること
  そういう活動を通して,成長すること。
7 サークルやTOSSのセミナー,TOSSデーへ来ること
  しばらくサークルへ来ていないので,サークルやTOSSのセミナー来ると元気がでるよと話をした。
  前向きに参加したいと話していた。
何とか1年を乗り越えて欲しいと思っている。
私のサークルには,かなり危ない状態になっているメンバーが何人もいる。
そういうメンバーの力に少しでもなれたらと思っている。
全国のTOSSサークルに連帯し,あえて,厳しい状況を生のままで書いている。 


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド