TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2800022 更新:2012年12月02日

当番活動と係活動を区別せよ


当番活動と係活動を区別しないと、絶対に係活動は、活性化しない。
当番活動と係活動を区別して、係活動を盛り上げよう。

向山洋一氏は、次のように述べている。

当番活動は、毎日、繰り返させれる学級全体に奉仕する活動である。
係活動であるが、これも二つに分けられる。
第1は、創意・工夫のあまり入らないものである。
例えば、「黒板係」とか「配り係」とかである。
これらは、通例「係」と呼ばれているが、仕事内容は「当番」に近い。
さて、本来の係活動である。
これは、クラス全体にかかわるものであり(したがって、クラブみたいなものは入らない)創意・工夫のかなりできるものである。  

※「教室ツーウエイ No89、P10~11」より

このホームページでは、当番活動と係活動を次のように定義する。

当番活動・・・毎日、同じ手順でくり返される学級全体に奉仕する活動。

係活動・・・①創意・工夫の余り入らないもの。当番活動に近い。(例 黒板係や配り係など)
       ②創意・工夫のかなりできるもの。(例 新聞係やレクリエーション係など)

「当番活動と係活動を区別する」とは、

「①創意・工夫の余り入らないもの と ②創意・工夫のかなりできるもの」を 区別すること

である。
中・高学年では、①と②をはっきり区別して組織する。
低学年では、明確には区別されない。
②創意・工夫のかなりできるもの」の係を作って学級を盛り上げよう。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド