TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/02/22 現在)

21375
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4129348 更新:2012年12月02日

先生の通知表


「先生の通知表」を学級経営に生かす
 
垣内秀明(法則化中学信州)

 以前、明治図書の雑誌を読んだとき、「先生の通知表」の特集が組まれたいた。以下、その追試論文である。

 

■とにかく謙虚にやってみる■

 「生徒が教師を評価するなど、もってのほかである。他の教科ではやっていないでしょうね。」と以前勤務していた学校で管理職から言われたことがある。
 はたして、どうだろうか。やってみての私の感想は。

 是非やるべきである。
と言うのが結論である。
 生徒は、素直に担任である私についての記述をしてくれた。そして、何よりも学級に何かを求めていることを感じた。生徒のその欲求を学級経営に生かすことが出来ると感じたからだ。

 

■「先生の通知表」を作る■

 以下のように作成した。
     ①通知表の表紙・記入例・生徒記入欄・総合所見欄をワープロで作る。
      【ポイント】
      ・表紙は、自分の学校の生徒用の通知表に似たものにすると、真剣さが増す。
      ・記入例は、どんな記入をすればよいのか例示を行う。生徒の参考になるので是非必要。
      ・記入欄の評価項目(例えば、洋服のセンス、キャラクター、学習指導、など)は、最初にリ
       ラックスして記入できるようなもにし、徐々に担任として聞きたいことにする。
       一番最後は空欄とし、評価項目を生徒に考えさせる。
      ・総合所見は、生徒に自由に記入させる。
     ②印刷用紙は、ケチらずに画用紙を使用する。紙質が違うだけでも、生徒は大切に扱う。

 

■通知表を交換する■

      ③ 夏休み前の、学活の時間(終業式の日)を利用して、生徒に記入させる。
      ④ 終業式の日に、生徒の通知表と「先生の通知表」を交換する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド