TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8209914 更新:2013年05月09日

「式と計算」1/教科書活用自在をめざす


 まずは,式のきまりの基本形を理解することから始めました。
 教科書は,次のようになっています。

1 3つの式のきまり

ア 16+82=82+□
イ 7×24=24×□
ウ 14+6+34=□+(6+34)
エ 19×4×25=□×(4×25)
オ (12+78)×6=12×6+78×6

 問題文1を読み,問題をしました。
「ア16+82=82+□。
 □にあてはまる数を書きなさい」
 すぐにできました。
 □は,16です。
 続いて聞きました。
「○アの式の計算のきまりを説明します。いえる人?」
 数名が,次々に説明しました。
よくがんばったのですが,満点ではありません。
 続けているうちに古閑さんが「あっ!」と手を挙げました。
 説明しました。
「『2つの数を入れかえて計算しても答えは同じ』です」
「正解!」
「あっ!」多くの子が気づきました。
「説明を見つけた人!」
多くの子が手を挙げました。
「指でおさえてご覧なさい」
 どの子も同じ所を押さえています。みんなでもう一度読みました。
「『2つの数を入れかえて計算しても答えは同じ』です」
 これは,たし算,かけ算において成り立ちます。ひき算,わり算では,成り立ちません。子ども達にも伝えました。
「3-2と2-3は,答えは同じですか?」「ちがいます」
「4÷2と2÷4は,答えは同じですか?」「ちがいます」
  教科書の仕組み,授業の流れに気がついたら,学習は加速します。
 ○イと○ウと○エは,アの数倍のスピードで進みました。
「『2つの数を入れかえて計算しても答えは同じ』になるのは,たし算とかけ算のときだけですね」

________01
________02

 ただ,○オは,難航しました。多くの子が頭をかしげました。□に入る数字が実感としてわからないのです。
 この式だけは,解説を加えながら,いっしょにやりました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド