TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/15 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9237949 更新:2013年03月18日

黄金の3日間の一日目の語り


黄金の3日間 【一日目の指導】

こどもへの語り(3つの約束)

(1)やる気と期待感をもたせる

  新たな出会いが始まる。今年はどんな一年になるのだろうか。子どもたちは、期待に胸を膨らませているはずだ。その期待感を裏切ってはならない。
  教師は、溌剌とした声で、出会いのうれしさを語るべきだ。およそこのように言う。

説明1:

 今日から、新しい一年が始まります。先生はみなさんと会えることをとても楽しみにしていました。あまりのうれしさに、昨日は胸がどきどきして、なかなか寝られませんでした。
 今日から、みなさんと先生で楽しい一年をつくっていきましょう。楽しい一年にするために、先生も一生懸命がんばります。みなさんも一生懸命がんばってください。
 そして、一年が終わったときに、楽しい一年間だったなあ。いろいろがんばっていい一年間だったなあと思えるようにしていきましょう。

(2) 楽しく過ごすための条件を言う

  一年間の学級経営をするにあたり、いろいろ言いたいことがあるだろう。しかし、あれもこれもと欲張っては、心に響かない。ここでは、3つに絞って話をする。このことが今後の学級経営の根幹となる。
  気をつけなければならないのは、これらのことは「みんなが楽しく過ごすために必要なことだ」ということを意識づけることだ。また、一度、言っただけで安心してはいけない。一年間を通して、貫き通すことが大切だ。およそこのように言う。

説明2:

 先生は、クラス全員の人たちに楽しく充実した一年間を過ごしてほしいと思っています。一人残らずです。
 そのために、先生は、本気で怒るときがあります。次の3つです。 
① 生命にかかわる危険なことをしたとき
② 他人をぶったり、他人の悪口を言って身体や心を傷つけたとき
③ 多くの人に迷惑となることをしたとき。
 こういう時には、本気で叱ります。このことはよく覚えておいてください。これは、クラスのみんなが楽しく過ごすために必要なことなのです。

 このようにはっきり言っておくことが大切だ。
 生活のルール、学習のルールなどは、別途、必要になってくるが、まずは、教師の方針をぶれなく示すことが大事である。この方針で一年間を通すことだ。

 参考文献 『家庭教育ツーウェイ』2004年8月号 向山洋一氏論文


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド