TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/21 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1320043 更新:2013年02月21日

肢体不自由養護新年度最初に学部で決めておくべきこと


2001.9.24作成

1.学部行事とその実施日、担当者を決める。特に校外学習がある場合。

年度の始めにこれを決めずにおくと、年度の途中に「どうしましょう。」ということになる。結果、全校行事などとの関係で日程が詰まり、子どもに負担をかけることになる。担当者に決まった人も突然仕事が重なることとなり、他機関との交渉も急で大変。

2.母学級と指導グループが異なる場合、各指導グループの年間の流れを板書、「各グループの流れ12ヶ月」の図をつくる。

_____

3.どういう区分で年間指導計画を立てるかを決める。

クラス毎か、指導グループ毎か、個人毎か。各指導形態の年間指導計画の立てかたの区分がはっきりしていないと、子ども一人ひとりに対する年間の指導がシステム化されず、行き当たりばったりになる。

4.各指導形態の主担当者を決める。

年間を通した指導形態毎の主担当者(責任者)を決める。

5.グループ名の子どもの前での呼び方を決める。

ここをほおっておくと、知的能力の高い順にAグループ、Bグループ、Cグループという呼び名を使うことになりかねない。

6.時間毎の指導担当者の振り分け方、引き継ぎ方を決める。

特にいつ、どのようなかたちで授業間の引き継ぎをするのかをはっきりさせておく。授業が終わった直後か、次の授業が始まる直前か。子どもの休み時間には、教師はトイレ指導や次の授業準備がある。よって子どもから目を離す可能性が高い。このとき、動きが把握されていない子どもが1人もいないようシステム化する。引き継ぎは何時何分、という具体的時間で決めておくのがベスト。

7.指導計画作成担当者を決める。

特にグループ学習の場合、誰がどの題材、単元の指導計画を立てるのかを個人名ではっきりさせておく。ここがあいまいだと次の題材、単元が始まる直前になってあわてることになる。

8.評価担当者を決める。

誰が、どの子どもの、どの指導形態の評価を書くのかをはっきりさせておく。これをしないと通知票提出直前にあわてることになる。

9.時間割りを決める

週時程表を作る。 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド