TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/22 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7116120 更新:2013年02月03日

できない子ができるようになる後転の指導


指示1:

(1)「ゆりかご」のスモールステップ
①マットの上で、体育座りをする。
「手で膝を抱え、お腹と膝をつけなさい。背筋をピッとします。」

指示2:

②手で膝を抱えたまま、後ろに倒れ、「ゆりかご」をする。
「そのままゆりかごをします。何回もやります。」

指示3:

③手を離して、ゆりかごをする。
「先生に背中が見えるように「ゆりかご」をします。」

指示4:

④後ろにいったときに、手をマットにつけさせる。
「後ろにいったときに、マットに手を着きます。」

指示5:

⑤起き上がった時に、お尻を浮かせる。
「起き上がったときに、お尻を床から浮かせます。」

指示6:

⑥後ろにいったときに、つま先をと床に着ける。
「後ろにいったら、つま先を「ポン!」と床に着けなさい。」

指示7:

⑦⑥の動きを中腰の姿勢から行う。
「起き上がった時、中腰の姿勢になります。」

⑧立った姿勢から行う。 *少しずつ、腰の位置を高くしていく。

(2)後転指導のポイント

①ゆりかごによる手の着き方
②加速させるためのお尻の位置
③目線

指示8:

②加速するためのお尻の位置
  「後転をします。お尻をできるだけ遠くに、落として勢いをつけて回ります。」

指示9:

③目線
  「目はずっとおへそを見ています。」
   *この指示で回転がスムーズになる。

指示10:

①ゆりかごによる手の着き方
  「手をちょうちょにして、首の後ろに持っていきます。後ろに転がったときに手の平をマットに着けます」

基礎感覚作り

マット運動に必要な主な基礎感覚は、三つある。
 一つは、腕で体を支える「腕支持感覚」である。
 前転や後転で、片方の手がふにゃっと曲がってしまう子がいる。床を押し、自分の体を支えるという感覚が身についていないからだ。
 二つめは、腰よりも頭が下になる「逆さ感覚」である。
 日常生活では、このような動きはほとんどない。身につけさせるためには、体育の授業で意識して取り組まなければならない。
 三つ目は「回転感覚」である。
 マット運動はその動きから「回転系の技」と「倒立系回転系」の技に分けられる。
 (回転系・・・・・前転、後転、開脚前転等)
(倒立回転系・・・側方倒立回転、ハンドスプリング等)
 どちらも体を回転させるので、その技の基礎感覚を低学年の時期に身につけなければならない。
この三つの基礎感覚を身につけさせる運動を、準備運動に計画的、継続的に取り入れていくのである。

①いぬ歩き(四つ足歩き 膝をつけないように歩く。)
②クマ歩き(「いぬ歩き」の発展型 膝を伸ばして歩く。 これにより頭が腰よりも下がる)
③かに歩き(仰向けの姿勢で、手足を使って歩く。お尻を床に着けない。)
④うさぎ跳び(「トン・パッ」のリズムで 手を着いたところよりも前に着地する。)
⑤アザラシ歩き
⑥手押し車(「アザラシ歩き」の発展型 足を持つ位置は、足首ではなく、膝又は膝の近く。)
⑦カエル倒立
⑧肩倒立
⑨V字バランス
⑩三点倒立


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド