TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125098 更新:2012年12月02日

図形の基本型をどう教えるか 4 『作業指示をテンポよく出す 2』


合同の表し方の授業。色をつける、教科書を読む、写す、ノートに書くなどの作業指示をテンポよく出していく。(大阪書籍 中学数学2 P101)

2年生 図形の基本形をどう教えるか③の続きである。

ノートにP101の一番上の図をそっくりそのまま写している。

指示1:

三角形ABCだけぬきだして、もう一度ノートに書きなさい。

「もちろん、色もつけます。」

「できたら、できました、といいましょうね。」

指示2:

三角形CDAを書きます。三角形ABCと同じ向きに書きます。

Image1
Image2

指示3:

頂点Bに対応する頂点を緑丸の中に入れます。

「念のため頂点何ですか。」「頂点Dです。」

指示4:

辺ABに対応する辺は?BCに対応する辺は?右の三角形にA、Cのいずれかを入れましょう。

「隣と同じかどうか、ノートを確認しなさい。」

指示5:

ノートに△ABC≡△CDAと書きます。

発問1:

△ABC≡△ADCと書いてもいいですか。だめですか。

「だめです。」

指示6:

理由を教科書から探しなさい。読んだ中にあります。5秒待ちます。

「全員で、さんはい。」「対応する頂点は同じ順にかく、です。」

指示7:

『△ACB≡   』と書きなさい。記号の右に入るものを書きなさい。

「△ACBから、さんはい。」

指示8:

『△BAC≡   』と書きなさい。記号の右に入るものを書きなさい。

「△BACから、さんはい。」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド