TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125078 更新:2012年12月02日

始めの5分間をこう授業する(教科書を使って)              1次関数-8 連立方程式の解とグラフ


教科書の四角囲みをそのまま使って授業する。(大阪書籍 中学数学2 P83)

遅い生徒を待たない。

指示1:

教科書83ページ、電球マークを読みます。さんはい。

『次の連立方程式の解を求めましょう。

{(連立方程式)2x-y=4…(1)  x+y=5…(2)』

指示2:

念のため、もう一度。さんはい。

遅い生徒のための時間を確保する。

指示3:

黒丸を読みます。さんはい。

指示4:

四角囲みを読みます。さんはい。

『連立方程式の解とグラフ

x、yについての連立方程式の解は、それぞれの方程式のグラフの交点のx座標、y座標の組である。』

発問1:

連立方程式の解の求め方は2通りあります。1つは計算で求める方法、もう1つは何をつかうのですか。

「グラフです。」

指示5:

今読んだところをそっくりそのままノートに写します。日付、ページ、題名も書きます。

指示6:

問1①を読みます。さんはい。

指示7:

5点セットをノート1ページを使って書きます。

「できたら、できました、といいます。」

指示8:

y=2x+4とy=x+1のグラフを書いて、連立方程式の解を求めなさい。できたら、前にもってきます。

この2点についてチェックする。

①グラフが定規を使って丁寧にかけているか。②連立方程式の解がかいてあるか。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド