TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4901499 更新:2013年01月14日

信号機と横断歩道


<準備物>  
 ・PC ・プロジェクター ・スマートノートブックのサイト(サイトが必要な方は、画面下の「連絡先HP」からメールでお知らせください)
 ・ワークシート(信号機のイラスト)

1,信号機の色の配列について考える

発問1:

安全を守る施設には、どのようなものがありましたか。

・信号  ・横断歩道  ・道路標識  ・ガードレール  ・歩道橋     など

説明1:

今日はこの中の、信号機についてまず考えます。

・ワークシートを配る

指示1:

1(ワークシート)に、信号機の色を書きましょう。

・色をぬらせてもいいが、時間がかかるのと、書き直す子どももいることを考えて、色の名前を書かせた
・ア 赤→黄→青   イ 青→黄→赤  の2つにわかれる
・アかイか挙手で確認し、それぞれ理由を聞く
・答えの画像を見せ、イであることを確認する

発問2:

なぜ信号機は「青→黄→赤」の順に並んでいるのでしょうか。

・ワークシートの□の中に理由を書かせ、発表させる
・ヒントとして、サイトの木を動かし、信号機の青を隠す

指示2:

このように赤が左にあると、木の枝で見えないこともあって危険です。そのため赤が一番右にあるんです。
では、歩行者用信号はどうなっているでしょうか。色と理由を書きましょう。

・ア 上が赤、下が青  イ 上が青、下が赤 の2つにわかれる
・アかイか挙手で確認し、それぞれ理由を聞く

説明2:

赤が下にあると、トラックが止まっていて見えないことがあります。そのため赤が上にあります。

・画像を見せる
・時間があれば、縦型の信号機の色の配列について予想させる
・やはり赤が上であることを確認する

2,横断歩道の変遷を考える

説明3:

次に、横断歩道について考えます。

・横断歩道の絵を提示する

発問3:

この3つはどれも横断歩道ですが、どこが違いますか。

・アは縦線がなくて、ウは少し隙間がある

指示3:

この3つを古い順に並べるとどうなりますか。ワークシートに記号を書きましょう。

・ア→イ→ウ  ・イ→ウ→ア などいろいろな考えが出されるであろう
・挙手で人数を確認し、それぞれ理由を聞く
・横断歩道の画像を見せる

指示4:

一番新しいのはアです。イ→ウ→アの順になります。
では、なぜ縦線のない横断歩道にかわったのでしょうか。理由を□に書きましょう。ヒント、雨が関係しています。

・理由を発表させる

説明4:

縦線があると、白い線の間の黒い部分に水がたまり、スリップして危険です。そのため縦線がなくなりました。
安全を守る施設には、このようにいろいろな工夫がなされているのです。

≪修正部分について≫
1,これは校内研究会において行った授業である。研究テーマが「伝え合う力」であるため、話し合う場面を
  多くとるような流れにした。
2,前の時間に、「安全を守る施設」として横断歩道や信号機を扱っていたため、「これは何ですか」
  「横断歩道(信号機)を知らない人?」 という質問は省略した。
3,松藤氏の授業では信号機の絵を描かせているが、かなり時間をとることが考えられたことと、
  信号機の色の並び方を考えさせたかったことの2つの理由により、色の名前だけ書かせるようにした。
  だが信号機の「工夫」として、色が確定した後、「ひさしがついている」など考えさせてもよかった。

《参   考》   
1, 「日本教育技術方法体系 第4巻 小学4年生の教え方大事典」 向山洋一・TOSS編集委員会 編
   P201「横断歩道は変わっていく」、P203「信号機に隠された工夫」 (いずれも松藤司氏) 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド