TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/30 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320603 更新:2013年01月07日

卒業式に臨む心構えを作る語り


来週から卒業式の練習が始まります。
卒業式の練習はみんなにとって、「おもしろいか」、「おもしろくない」かと聞けば、きっと「おもしろくない」と答えるでしょう。
「なぜこんなに何度も立ったり、座ったりしなければならないんだろう」
「どうしてこんなに礼ばっかりするんだろう」
「卒業証書を一人一人に渡さないで、代表に渡しちゃえば早く終わるのに」
などと思うのではないでしょうか。
なぜ礼の仕方一つ、卒業証書の受け取り方一つにこだわるのでしょう。
それは、「卒業式」は儀式だからなのです。

卒業式の「式」は儀式の「式」なのです。
例えばウエディングドレスを着て、デパートを歩いている人がいたら、おかしな人と思われるでしょう。
でも、結婚式で、新婦がウエディングドレスを着ていても何もおかしくはありませんよね。
逆に結婚式で新郎新婦がジャージ姿で入場してきたら、「あれ?」って思われるのではないでしょうか。
儀式とは、日常生活とほんの少し違った形で、人生の節目にけじめをつけ、新たに出発する決意を示す場です。

その日常生活とほんの少し違った形が結婚式では、ウエディングドレスを着たり、ケーキにナイフを入れたりすることであり、卒業式では卒業証書を深々と礼をしてもらったり、みんなで大きな声で歌ったりすることなのです。
結婚式の主役が、新郎新婦であるならば、卒業式の主役は卒業生一人一人です。
そして、結婚式を祝う人達がいるように、卒業式を祝う人達が皆さん在校生なのです。
まばらな拍手と校歌のピアノ伴奏の音だけが響きわたる卒業式を、卒業生は祝福されて卒業していくという気持ちになれるでしょうか。
2年生は1年後、1年生は2年後に卒業式を迎えます。
その時、1・2年生がだらしのない態度をとったり、歌声が少しもなければ皆さんは残念な気持ちにならないでしょうか。
良い卒業式にするためには、1・2年生の協力が必要です。ただ座っているだけではだめなのです。
3年生の卒業を祝い、良い卒業式にするためには・・・

◇祝福の気持ち
◇素晴らしい歌声
◇暖かい拍手

が必要です。
きっと皆さんは祝福の気持ちは、持っていると思います。その気持ちを具体的に歌声と拍手で表してください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド