TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/25 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1212053 更新:2013年01月07日

授業参観日 親子で汗をかく体ほぐし1時間


tossland No.1212053 原口雄一

授業参観日 親子で汗をかく体ほぐし1時間

 授業参観日に親子で一緒に楽しく汗を流すことを目的にしました。普段の授業ではなるべく説明しないことをこころがけています。
 あまり説明が要らない運動を、1時間の中でなるべく無駄な隊形移動をしないように組み立てました。 
 以下は体育館での実践です。
参考・引用  楽しい体育の授業(明治図書)

(修正)追試部分

楽しい体育の授業 2001年1月号
      田中慶之先生の実践から・・・・・指示5,6、7  説明3

      小笹宗男先生の実践から・・・・・・・・・・説明6指示9,10

      根本正雄先生の実践から・・・・・・・・・・・・・・・・・指示8

 その他、失礼ながら先行実践が分からなくなってしまったものも有ります。
           もしお分かりになられる方がいらっしゃいましたら教えてください。
すぐに修正、加筆または削除いたします。

説明1:

今日は親子でできる体ほぐしスペシャルです。

指示1:

太鼓に合わせて歩きなさい。

 人のなるべくいないところを歩いている親、子を誉める。
 しばらくしたら、太鼓をたたくのをやめて全員その場に座らせる。

説明2:

これから「世界のあいさつ」と言う運動をします。

児童を一人、前に呼び一緒に手本を示す。「○○人」のたびに児童を代えた。

指示2:

先生が「アメリカ人」と言ったら「ハーイ!」と言って片手タッチをしてください。
 「イギリス人」と言ったら「ハロー!」と言って握手をしてください。
 「イタリア人」と言ったら「チャオ!」と言って頭上で両手タッチをしてください。
 「日本人」と言ったら「こんにちは!」と言って正座をしてお行儀よく礼をしてください。
 10人以上の人とあいさつをしましょう。

太鼓をリズムよくたたき、それに合わせて歩かせる。たまに太鼓を止めて「○○人」と言う。
時間を見計らって曲を流す準備。

指示3:

次は曲にあわせて動きます。

軽快に歩けるようなCDを流す。途中で曲を止めてみたりして揺さぶる。
しばらくしたら曲を止めて指示。

指示4:

曲の途中で太鼓をたたきますから、太鼓の数だけ仲間を集めて手をつなぎなさい。そしてその場に座りなさい。また曲が始まったら手を離して、バラバラで曲にあわせて動きます

最後は人数分太鼓をたたいて、全員手をつないで座らせる。

指示5:

手が切れないように先生についてきなさい。

全員手をつなぎ、教師を先頭に一列で歩く。ジグザグ、上下ウェーブ、時計回り、反時計回りなど。最後は円に
ならせ座らせる。教師は円の中心に立つ。CDを止める。

指示6:

頭を円の外側に向けて腕立て伏せの姿勢になりなさい。

実際に輪に入り、腕立ての姿勢になってみせた。

説明3:

皆さんは時計の針です。 
先生が一秒ごとに手をたたきます。
先生が手をたたいたら
・右手と右足を同時に右側へ動かす。
次に手をたたいたら
・左手と左足を同時に右側へ動かして、右手右足に寄せる。
というふうに動きます。

しばらく自由に動く練習をさせ、誉めて回ったあと本番をした。
  (変化をつけるための言葉がけ)
  あら、時計が壊れちゃいました。
  ・早くしたり遅くしたりする。
  ・逆回転にする。 

指示7:

時計回りの方向を向いて座りなさい。足は大きく開いて伸ばして座ります。前の人の肩に手を乗せてぴたっとくっつきなさい。
     1 前の人の肩を優しくもみほぐしましょう。あんこが出ないようにやさしくね。
     2 前の人の背中を優しくトントントンとたたきましょう。
     3 前の人の背中に耳を当てて心臓の音を聞いてみましょう。
     4 「アー。」と声を出しましょう。声が震えて聞こえますか。
     5 後ろの人を椅子だと思ってゆっくりともたれてみましょう。水に浮くようにもたれてごらん。
     6 あっははははは!笑ってみましょう!おなかが動いているのがわかるかな。  

子供たちは楽しくやっていた。保護者の中には恥ずかしがって、体を預けなかった方もおられた。

指示8:

2人一組でアラーの神を行います。じゃんけんをしなさい。 (1分くらいで交代)

説明4:

勝った人が持っている新聞紙はアラーの神です。
この神にお仕えすると幸せが訪れるかも知れません。
アラーの神が動くとおりについていきましょう。

 1分たったら交代させる。

説明5:

2人一組でヒラリ新聞紙を行います。
新聞紙を持っている人はドラえもんです。
もっていない人は闘牛です。
ドラえもんはその場から足を動かしてはいけません。体の右か左に新聞紙を揺らしてください。
闘牛はその新聞紙めがけて突進します。「モーッ!」
ドラえもんは新聞紙をヒラリとよけて「オーレ!」

子供たちはドラえもんが好きなので、ヒラリマントをもじって名前を修正した。
30秒で交代させた。2回ずつ行わせる。

説明6:

それでは風船落としを行います。

1チーム6~8人に分ける。

指示9:

円を作ったら座りなさい。
自分が座っているその場所を覚えてください。
風船をうちあげたら、円の周りをぐるりと回ってその場所に帰ってきます。
必ず時計回りに走ってください。ぶつかる場合があります。
風船が床に落ちないようにしましょう。

慣れてきたら座って行うと、引用した文献には有るが、時間の都合で行わなかった。
適度な運動量があり、だんだん大人も子供もうっすら汗をかいていた。息のあがっておられるお母さんもいらっしゃった。

指示10:

風船運びを行います。
チーム全員で手をつないで輪になりなさい。
ポーンポーンと体のどこを使ってもかまいません。ココをスタートして風船を打ち上げながら向こう(約20m)のラインまで運びます。
手が切れてはいけません。

大変盛り上がった。汗だくになりながらわいわいと風船を追いかけていた。途中手が切れたが、あまりに必死に続けているのでよしとした。それでべつに進行に支障は無かった。

指示11:

寝にょろをします。2人一組でします。
一人は力を抜いて仰向けに寝なさい。
1 足にょろ
  かかとを持って軽く20センチくらいの幅で横にゆすってあげなさい。
2 手にょろ
  手首を握って軽くゆすってあげなさい。急に手を離すと床で頭を打つ場合があります。気をつけて。

時間が余ったので行った。クラスの児童全員で手本を示した。親の体を必死で持ち上げようとする子供の姿がほほえましかった。

指示12:

壁に背中を向けて並びなさい。よーい、スタート。

これは前単元のマット運動での準備運動で行っていたよじ登り逆立ちで、スタートの掛け声と同時に逆立ちをしてどれだけ持ちこたえることができるかというものである。子供たちのリクエストに応えて実施した。
 
 最後は体づくり運動のよさ、そしてそれを学級経営に生かしはじめているということを、参加してくださった方々へお礼と共につたえた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド