TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3130063 更新:2013年01月06日

授業分析で向山型算数を目指す9 再び「待たない」を意識する


算数MLでは,毎日のように授業分析が発信されている。
どの先生の授業分析からも,授業が上手くなりたいという熱い思いと自己否定,そして同士としての強い連帯を感じることができる。
現在,自分が発信してきた授業分析は87回で止まっている。
全ては,自分の怠惰のせいである。
実は,算数ML以外にも授業分析を発信するMLがある。
分析用語検討委員会ML(通称Z検)である。
Z検では,週ごとにテープ起しの担当者を決め,授業分析を発信しあっている。
5月の第4週は,岩田の担当であった。
そこで,久しぶりにテープ起しを行った。
以下である。

【0秒】
T 教科書31ページです。
T 四角の2です。
C 32ページ?
C 1ページ。

【11秒】
T 下の表は,はい。
C 読む。(すぐにつまってしまった。)
T ストップ。
  下の表は,ある牛が,です。さんはい。
C 読む。
T ね,ちゃんと用意していた人,いっぱいいるんだね。
  もう一回読むね。さんはい。

テープ起しをして,まっさきに感じたことは,これである。

待っている。

最初の指示から次の指示が出るまでの約10秒が,長いのだ。
きちんと準備をしていた子にしてみれば,まさに空白である。
案の定,Z検の先生方からもこの点を多く指摘していただいた。
「間」は,1~3秒でよいとのことであった。
本連載の第1回目は『テープ起しで「待たない」を意識する』であった。
そこでは,以下のように述べている。

テープ起しをすることで,ようやく「待たない」を意識することができたのだ。
そして,テープ起しを続けることで,少しづつ「待たない」ことができるようになったのだ。

テープ起しを怠ることで,「待たない」を意識できなくなっている,そう強く感じたテープ起しであった。
次の日,さっそく「待たない」を意識して授業にのぞんだ。
以下は,その時のテープ起しである。

【0秒】
T 32ページです。
C 開いている。
T はやいなあ。

【5秒】
T 四角の3,下の表は,みんなで,はい。
C 読む。

【25秒】
T ね,パッと読める。さすがです。
  念のためにもう一回。さんはい。
C 読む。

最初の指示と次の指示の間は,5秒に縮まっている。
録音したものを聞くと,すっきりとした印象を受けた。
テープ起しで,再び「待たない」を意識することができたのだ。
向山氏は,「学級通信スナイパー」の中で,以下のように述べている。

自分の弱さを射続けろ

テープ起しを続けることは,怠惰な自分を射続けることであるのだ。
この言葉を胸に,あらためてテープ起しに挑戦したい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド