TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/22 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7743327 更新:2013年01月05日

はなちゃんのみそ汁


 本授業は、母の子どもへの思いを伝える授業である。TOSS道徳では「相手のことを心から考えよう 無償の愛」に分類されるテーマである。
 母親である安武千恵さんは、乳がんを患い、左の乳房を切除していた。がんは一時完治した。その頃、信吾さんと出会い、結婚。はなちゃんを授かった。その後、がんが再発。千恵さんは、闘病生活をブログ「早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那~」に綴っていた。千恵さんは、この頃から、はなちゃんにいろんな手伝いをさせ、はなちゃんがいろいろな家事ができるように躾ていた。
 はなちゃんが5歳になる頃、千恵さんは、ついに余命1年という宣告を受けた。この宣告を受けて、千恵さんは、次のようにブログに綴った。
私は、がんになった後に、ムスメを授かりました。だから、この子を残して、死ななければなりません。
だとすると、心残りがないように死ななければなりません。彼女は、私がいなくなった後、生きる上で必須科目となる家事はできるだろうか。彼女の手伝いの中に、配ぜんと料理部門を増やすことが今後の私の課題。
 千恵さんは、5歳のはなちゃんに、包丁やガスコンロを使わせ、料理を教えた。千恵さんは、亡くなりました。
 しかし、はなちゃんは、その遺志を継いで、料理を作りました。はなちゃんが初めて作った料理は極めて不味かったようである。しかし、信吾さんは、それを残さず食べた。娘の気持ちがうれしかったのだろう。その料理には、次の手紙が添えてあった。
ぱぱ はながつくたよ / このおてがみお ごはんお たべるまえにみてね / とまとおきって にんじんおきって / わかめおいれて おなべでやいて / おさらにいれて ごはんわつけもの
 6歳児の手紙である。語り尽くせない気持ちがつたない言葉に込められていると感じる人は多いだろう。その後、はなちゃんの料理の腕前は、少しずつ上達していく。授業の最後に、1年生になったはなちゃんが、ほとんど1人でみそ汁を作っている動画を流し、はなちゃんが、元気に成長していることを伝え、授業を終える。

フラッシュコンテンツを使って授業します。
ご希望の方は、ご連絡ください。

発問1:

あなた達が、もしも大人になって、仕事で疲れて家に帰って来たとします。真っ暗な部屋の明かりをつけると、テーブルの上に、こんな料理がのっていました。
どんなことを思いますか。

「食べてみたい人?」と聞いてもよい。

説明1:

この料理は、5歳の女の子が作りました。名前は、はなちゃん。

発問2:

はなちゃんが、5歳のころからやっているお手伝いは、何でしょうか。

説明2:

はなちゃんは、5歳のころからそうじ、洗濯、料理をしているのです。しかも、はなちゃん1人で。

発問3:

はなちゃんには、お母さんがいないわけではありません。このお母さん、よいお母さんだと思う人?悪いお母さんだと思う人?

発問4:

このお母さんは、どうしてはなちゃんに、1人でお手伝いをさせたのでしょうか。

説明3:

この人がお母さんです。安武千恵さんといいます。こんなブログを書いています。

ブログ「早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那~」を提示する。

説明4:

お母さんが、余命1年となったとき、ブログに次のように書きました。

前述のブログ記事を、子どもにわかりやすいように提示する。赤字を読ませてもよい。

説明5:

お母さんは、亡くなってしましました。

説明6:

最初の料理の写真は、お母さんが死んでから、初めてはなちゃんが1人で作った料理だったのです。この料理には、手紙が添えてありました。

前述の手紙を、子どもに読ませる。感想を子どもに聞いてもよい。

説明7:

はなちゃんの料理の腕は、少しずつ上達していきました。

説明8:

1年生になったはなちゃんが、みそ汁を作っている様子があります。

1年生になったはなちゃんが、みそ汁を作っている様子があります。
「観たい人?」などと焦らして、子どもを引きつけるとよい。

発問5:

もし天国があったとして、お母さんがはなちゃんに声をかけることができるなら、どんなことを言うと思いますか。

指示1:

授業の感想を書きなさい。

3 実際に授業を受けた小学2年生児童の感想

A児
 はなちゃんは、お父さんといつもごはんを作ったりして、えらいし、わたしが、はなちゃんなら、さびしいからやるきもでないし、ほうちょうとかでもあぶない目にあうかもしれません。だけど、はなちゃんは、ほうちょうとか、そうじ、りょう理、洗たくいろいろ一人でがんばっているなぁ、と思います。それに、お父さんの分もがんばっているし、お母さんが、なくなってから、お母さんのかわりになっていて、すごいなぁ、えらいなぁ、と思いました。これからもがんばってくださいね。

B児
 お母さんがしんでも、はなちゃんはおりょう理やそうじをがんばっているからえらいなーと思いました。それにお父さんがおそくまで帰ってこれないのに、火をつかってりょう理をしているから、とてもすごいなーと思いました。はなちゃんは、わたしたちより小さいけど、すごいです。

C児
 わたしがとってもえらいなあと思ったことは、一人でごはんを作っていることです。かわいそうだな、と思ったこともあります。それは、お母さんが、天国へ行ってお父さんとがんばっていて、きっとお母さんは、天国で、
「ありがとう。これからもがんばってね。」
と言っていると思います。はなちゃんは、お母さんがいなくてかなしいと思います。でも、ごはんのあじは、ちょっとにがいと思ったかもしれないけど、心がこもっていて、とってもお父さんは、うれしいなと思っているはずです。わたしも、はなちゃんにまけずに、お手つだいをたくさんして、お母さんとお父さんとおねえちゃんと妹によろこんでもらいたいです。お母さんもはなちゃんも、がんばってほしいです。そして、あたしもがんばりたいです。手紙もとっても上手でした。

参考文献

早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那~http://plaza.rakuten.co.jp/cmbird7/


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド