TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/01/19 現在)

21377
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3254179 更新:2013年01月05日

どの子も熱中する電卓マジック~その②~「電卓をふれずに当てるマジック」


3年生から算数で電卓を使用することがある。
その時に毎時間、始めの約5分間でやっているのが
「電卓マジック」というゲームである。

『電卓を触れずに当てるマジック』

指示1:

①好きな2ケタの数字を作らせる。
Bさん(49)の場合
②その数字に11を足す。(49+11=60)
③その数字に99を掛ける。(60×99=5940)
(秘)その答え(5940)を聞き、
千の位と百の位をピックアップし、
二桁の数字をつくる(59)。
その数字に10を引けば
最初に選んだ2ケタの数字になる。(59-10=49)
※(秘)の前までは、
子ども達が電卓でやる。そこからの操作は教師。

子ども達は、我先に、どんどん電卓を持ってくる。
教師はその電卓を使って、次々に当てていく。
みんな目を丸くして「えっ!何で?すごい!」と言う。
教師を羨望のまなざしで見る。
教師の権威がグッと上がった感じがする。
その後、どんどん子ども達が集まって、
「タネを明かして~」とせがみに来る。
それでも教えない。
「エ~!、ケチ!」と言われるが、
「自分で解き明かしなさい」と笑顔で応える。
すると、みんな必死になって、
友達と協力しながら、解き明かそうとする。
電卓を使う単元がある時は、
毎年やっているが、
毎回、このような現象になる。
中には板書したものを必死にノートに書きだす子もいる。
お家でマジックを披露した子も出てくる。
お家でも大好評だったようだ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド