TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/19 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125072 更新:2012年12月02日

始めの5分間をこう授業する(フラッシュカードを使って)        1次関数-2 変化の割合


変化の割合を学習する最初の5分間。増加量をフラッシュカードを使って説明せずに授業する。(大阪書籍 中学数学2 P68)

カードの始めには色つきの紙を入れておく。

発問1:

(フラッシュカードで)いくつ増えていますか。式と答えを言います。

0→1   1→2   2→3   1→3   3→5   5→7   7→9   (それぞれフラッシュカードにする)

「1-0=1です。」、「2-1=1です。」、「3-2=1です。」

「3-1=2です。」、「5-3=2です。」、「7-5=2です。」、「9-7=2です。」

「さすが中学生です。満点です。」

発問2:

続いてレベルアップします。

-4→-3   -3→-2   -2→-1   -1→0    -5→-3   -3→-1   -1→1

「(-3)-(-4)=1です。」、「(-2)-(-3)=1です。」、「(-1)-(-2)=1です。」、「0-(-1)=1です。」

「(-3)-(-5)=2です。」、「(-1)-(-3)=2です。」、「1-(-1)= 2です。」 

「さすが中学2年生です。完璧です。」

(→かっこ、)→かっこ閉じると言わせる。そろわなければやり直しをさせる。

指示1:

教科書P68です。例1を読みます。さんはい。

『例1 次の表は、1次関数y=2x+3で、の値が1増加するときの yの値と、それぞれの増加量をあらわしたものである。この表から、xの値が1ずつ増加すると、yの値は2ずつ増加することがわかる。』

発問3:

この表から何がわかるのですか。

「xの値が1ずつ増加すると、yの値は2ずつ増加することがわかります。」

指示2:

表を読みましょう。「(x、y)、(続く,続く)、(-4,-5)、…」と読みます。さんはい。

「(x、y)、(続く、続く)、(-4、-5)、…」

指示3:

表の上下の部分を読みましょう。「(xの増加量、yの増加量)、(1,2)、(1,2)、…」さんはい。

「(xの増加量、yの増加量)、(1,2)、(1,2)、…」

発問4:

この表ではxの値はいくらずつ増えていますか。yの値はいくらずつ増えていますか。

「1です。」「2です。」 

指示4:

この表をそっくりそのまま写しましょう。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド