TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/22 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8253072 更新:2013年01月06日

行政改革(国鉄の民営化を例として)


指示1:

「こんな電車に乗りたくない。」と思うものに手を上げましょう。

・毎年赤字になる。
・駅員がいつもムスッとしている。
・時間通りに駅に着かない。
・運賃が高い。
・駅員の言葉遣いが汚い。

JRの電車/列車の写真を提示する。

発問1:

この企業を何といいますか。アルファベット2文字で答えましょう。

JR

発問2:

昔は国営鉄道(国鉄)といいました。誰が経営していたのですか。

説明1:

国営鉄道は、先ほど触れたような「乗りたくない鉄道」の条件をすべて備えていました。

中曽根首相(当時)の写真を提示する。

説明2:

この状況を何とかしようとしたのが、当時の中曽根康弘首相です。

発問3:

中曽根首相が最も問題にしていたのはどれですか。

毎年赤字になること。

発問4:

なぜ、赤字が問題になるのでしょう。

発問5:

借金を返すために、国から補助をもらいます。その補助金はどこから出ているのですか。

税金

説明3:

赤字は総額で37兆円に達していました。中曽根首相は、この状況を何とかしようとしたのです。

指示2:

そのために中曽根首相が目標としたのが国鉄民営化です。みんなで言いましょう。

説明4:

「民営化」とは、国の補助金をカットするということです。

発問6:

国鉄の民営化に反対したのは誰ですか。

①国鉄の職員
②国鉄の利用者
③国鉄とは直接関係のない人
正解は①

説明5:

補助金がカットされる分、職員の首切りや賃金のカットもありえます。そのため、「遵法闘争」という反対運動を行いました。

発問7:

あなたが電車の運転士だったとします。線路の上にすずめがいました。あなたならどうしますか。

説明6:

電車が近づくと逃げるので、そのまま速度を落とさずに走るのが普通です。しかし、「遵法闘争」を行っていた運転士は、決まり通り、いちいち電車を止めて、安全点検を行ってから出発しました。

発問8:

普通なら10分で行けるところを、どのくらいの時間がかかったのでしょうか。

1時間
上尾事件の画像を示す。

説明7:

中曽根首相は、このような人々の不満を味方につけ、民営化を成功させました。

発問9:

国鉄の民営化のように、国の仕事を整理しようという動きのことを何といいますか。漢字4文字で教科書から探しなさい。

行政改革

指示3:

行政改革の成果です。読みましょう。

・接客が丁寧になった
・職員の笑顔が増えた
・運賃が上がらなくった
・時間通りに着くようなった
・赤字が減った
廃線になった路線の画像を示す。

発問10:

なぜ、廃線になったのですか。

利益が上がらなくなったから。

発問11:

廃線となった結果、誰が困りますか。

2005年のJR福知山線の脱線事故の画像を提示する。

発問12:

この事故の原因は何ですか。

遅れを取り戻そうとして、制限速度をオーバーしたことが事故につながった。

説明8:

民営化が全ての問題を解決するわけではありません。それぞれの事業について、何が一番大切なのか、を考える必要があります。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド