TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4583086 更新:2013年01月05日

道徳:「オタマジャクシのうんどうかい」


発問1:

本の題名は何ですか。

Tama

『オタマジャクシのうんどうかい』です。
【題名を読ませる→ほめる】

発問2:

登場人物は誰でしょう。

「オタマジャクシです。」

発問3:

そうだね、オタマジャクシがたくさん出てきます。もう一人わかりますか。

「カエル」です。
そうだね。名前があります。これは、「カエル先生」です。そして、もう一人います。
【本を裏返す】
小さいので見えにくいね。スクリーンを見てみよう。

※以後、スクリーンに拡大した絵を見せながら進める。

発問4:

気づいたことはありませんか。

「しっぽが切れています。」
よくわかったね。いい目をしている。

説明1:

名前は、「タマ」です。赤ちゃんの時にザリガニにしっぽを切られてしまいました。がんばって泳いでも、しっぽが半分しかないので、みんなの半分のスピードも出ないそうです。
さて、「オタマ学校」ですから、お勉強があります。音楽があったり、図工があったり、体育があったりします。

その体育の時間です。明日行われる運動会の練習でした。みんなで「ヨーイ、ドン」泳ぎ始めました。

説明2:

タマだけ、遅いですねえ。
みんながゴールした後も、タマだけまだ泳いでいます。大きく遅れたタマを見て、みんなで応援したそうです。
「おーい、はやくこいよー。」
しかし、まだまだ遠くを泳いでいます。

指示1:

「がんばれ、がんばれ、がんばれ、がんばれ。」
を言ってみましょう

みんなで、応援しましょう。
「がんばれ、がんばれ、がんばれ、がんばれ。」

発問5:

そのうち、一匹のオタマジャクシがこんなことを言いました。
「みんな、わたしたち、がんばれって言うだけでいいのかしら。」「どういうこと?」

お話の中のオタマジャクシたちは集まって考えました。そして、5つのアイディアを出しました。では、みんなも考えてみましょう。みんなで、5つのアイディア、出るかな。

【ノートに書く→○を付ける(言葉掛け)→もっと書く→○を付ける(言葉掛け)】
【机を合わせて、交流する。(質問、感想を言わせる。)】

説明3:

【オタマジャクシたちの考えた作戦を紹介し、考える】
           1 葉っぱ作戦  
           2 ゆっくり作戦 
           3 タマだけ見学作戦  
           4 順位なし作戦
 そして最後に考えたのが、「5 タマだけ半分作戦」です。みんなでタマに伝えます。

発問6:

「しっぽが半分なんだから、半分の長さだけ泳げばいいんだよ。・・・・これで、平等でしょ。」

さて、これを聞いたタマは、どう思ったでしょうか。

説明4:

・・・・・書かせる。発表させる。

 さあ、運動会の日がやってきました。水の中では、お魚たちが見学しています。岸辺では、おかあさんガエル、おとうさんガエルたちも集まり、応援しています。
タニシのひいたスタートラインに並びました。でも、タマだけは、いません。みんなの言うことを聞いて、コースの真ん中の5mのところに、ぽつんとひとりぼっちでいます。

※以後、お話を読む。

発問7:

タマの気持ち、わかる?

答えさせる。

実際の授業は、子どもたちが写っている運動会の写真も見せながら、運動会の時の思いを語らせる場面も取り入れて実施しました。足の遅い子もいれば、運動が苦手な子もいるクラスです。

・・・その後、以下のような話をし、感想を書かせて終わりました。

 先生は、「相手のことを考えて行動する」って、難しいなあと思いました。難しいんだけど、考えなくちゃいけないね。もう一つ、「本当のやさしさ」って、何だろうと思いました。みんなは、あと2ヶ月で、3年生、4年生になります。新1年生も入ってきます。1年生、2年生のことを考えられる、本当のやさしさを持った3年生、4年生になってほしいと思います。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド