TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8781364 更新:2013年01月06日

遊びを通して行動規範を教える「五色ソーシャルスキルかるた」


1.五色ソーシャルスキルかるたユースウェア 基本コース

①かるたは五色、各色20枚ずつ。一色ずつ行う。
 子どもたちは、かるたを10枚ずつ分ける。上下二段に5枚ずつ並べる。
 五色百人一首かるたのように、基本は二人で対面して実施する。
②最初は、教師がすべての言葉を読み、子どもたちには「はい」と言って取らせる。
③次に、かるたの絵の面に書いてある言葉を、教師と一緒に唱えさせながら、取らせていく。
④慣れてくると、教師は最後の5文字は読まずに、子どもたちだけで唱えさせていく。
⑤もっと慣れてくると、最初の5文字を読んだだけで、子どもたちがあとの言葉をすべて唱えるようになる。
⑥残った最後の一枚は、取らないようにして、全員で言葉を唱えるようにする。
 何枚読むかは、学級の実態に合わせる。19枚にしたり、17枚にしたりして、調整する。
⑦「お手つきルール」等は、五色百人一首と同様に行う。

2.五色ソーシャルスキルカルタユースウエア 応用コース

発問1:

自分の前の10枚のかるたの中で、「自分がだいたいできているな」と思うのは、何枚ありますか。
数えてごらんなさい。

と言って数えさせる。

発問2:

できていない中から1枚、「今日はこれを守ってみせるぞ」と思うのを選んでごらんなさい。
さっき10枚ともできていると言った人は、その中で、一番あやしいのを選びなさい。

と言って選ばせる。

③選んだ札を読ませていく。
 読ませた中から1枚を選び、どんな場面でそのかるたの中身を使ったらいいのかを考えさせる。

④ロールプレイを行う。
 例えば「あいさつは 目と目があえば もっといい」というかるたを選んだときは、そのやり方をクラス全員でやってみる。

3.五色ソーシャルスキルかるたユースウエア 日常生活活用コース

①ソーシャルスキルかるたのフラッシュカード版を用いて、6枚ずつ程度、学級全体でどんどん読ませていく。

②今月の目標、今週の目標、今日の目標のように、特に強調したいものを選んで、教室に掲示する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド