TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2140190 更新:2013年01月05日

大分県の電気はどうやってできているのかな?


大分県の電気は

どうやってできているのかな?

発問1:

どうのような種類の発電所を知っていますか。

列指名で発表させる。
火力発電所、水力発電所、原子力発電所、地熱発電所などがあがる。

説明1:

発電所の種類は、原子力発電所や火力発電所、水力発電所、地熱発電所、太陽光発電所、水力発電所があります。

発問2:

これらのうち、大分県にはどの種類の発電所があるでしょうか。
これは大分県にあると思うものに手をあげなさい。何度手をあげても、いいですよ。

原子力発電所から順に、「大分県にあると思うもの」に手をあげさせる。
火力発電所と水力発電所には、ほとんどの子が手をあげる。

説明2:

大分県にある発電所は、地熱発電所と火力発電所と水力発電所です。

発問3:

この3種類の中、大分県で一番多い発電所はどれでしょうか。
予想した答えをノートに書きなさい。時間は20秒間です。    (ノート作業後)
今から発表してもらいますが、そう考えたわけも言えたらすばらしいですね。   どうぞ。 (指名なし発表)

子どもたちの予想は、火力発電所に集中。 
しかし、わけまで言える子は少ない。(子どもたちの内部情報が不足しているからだろう。)

     ○地熱発電所が多い…大分県には別府とか、湯布院とか温泉が多いから。
     ○火力発電所が多い…ほかの発電所に比べてどこでもつくりやすそうだから。
     ○水力発電所が多い…大分県には大分川とか、川がいくつもあるから。

説明3:

地熱発電所は3つの発電所があり、九重山の方にまとまってあります。
地熱発電所をつくるには普通の温泉の水温では足りません。
90度以上の高温でないとだめです。
そのために2000mも地中に穴を掘るのだそうです。

火力発電所も3つあります。どれも大分市にあります。

水力発電所は、(画像を見せるとその数の多さに声があがる)たくさんありますね。
大分川に8こ、大野川に5こ、宇佐方面の駅館川に3こ、日田方面の筑後川に15こ、合計31こもあります。

発問4:

図を見て、わかったことや気づいたこと、思ったことを発表しなさい。
     (列指名をし、他の感想があれば指名する。)

<図を見た子どもたちの感想>
  ・大分県には、水力発電所(ダム)がびっくりするぐらいある。
  ・大きい川で、山の方にダムが多い。
  ・大分市に火力発電所が集まっている。
  ・(地熱発電は)温泉ならどこでもできるわけなくて、大変なんだ。

発問5:

大分県下で総発電量が一番大きいのは、この3つの種類のどれでしょうか。
予想した答えをノートに書きなさい。 時間は20秒間です。 
 (ノート作業後)
今から発表してもらいますが、そう考えたわけも言えたらすばらしいですね。    指名なし発表です。どうぞ。

一番多いのは、「水力発電所」という声。(わけは、水力発電所・ダムの数が多いから。)
中には、逆をよんで、「火力発電所」「地熱発電所」を選ぶ子もいる。

説明4:

地熱発電所3つの総発電量は、約14万8千KWです。
特に、八丁原発電所は、わが国最大の地熱発電所で、ここだけで約11万KW発電します。
これは一般家庭37000軒分の使用料にあたります。

県下に31こもある水力発電所の総発電量は、27万4千KWです。
これは、一般家庭91000軒分にあたります。

そして、3つある火力発電所の総発電量は279万5千KWで、水力発電所の約10倍です。
特に、新大分発電所は、九州電力最新鋭の火力発電所で、229万5千KWも発電します。

こどもたちから、「大分の新火力発電所がすごい!」と声があがる。

指示1:

今日の授業の感想をノートに書きなさい。

○火力発電所は、発電所の数が水力発電所に比べて、10倍も少ないけど、
  229万5千KWも発電できてすごいと思った。
○大分県は、水力発電所がたくさんあるのにびっくりしたけど、電気をつくるのは、火力発電所が
  くらべものにならないほどすごい。
○水力や地熱がぜんぜんかなわないほど火力発電所がたくさん電気をつくっていて、そのほとんどが
  新大分発電所だけでつくられているのにおどろいた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド