TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/27 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1944067 更新:2013年01月05日

クラウドを活用した仕事術 その1 授業記録 (Evernote)


1 Evernote(エバーノート)とは?

Evernoteはインターネットを介して会社や自宅のパソコン、スマートフォンなどの端末から利用できるクラウドサービスです。
イメージとしては、下の図のようになります。

________

例えば、自分のパソコンから作ったものを、外出先のスマートフォンで見たり、編集したりすることができます。
Evernoteの大きな特徴は、次の3つです。

<Evernoteの特徴>
1 なんでも保存できる (ファイル、画像、HPなど)
2 どこからでもアクセスできる (PC、タブレット、スマートフォン)
3 素早く検索できる (タイトル、画像内の文字など)

Evernoteは無料であるが、有料のプレミアム会員になあると保存できるデータ量や一部の機能が変わってくるが、まずは無料で始めるて試してみるとよい。
EvernoteのHPやプレミアム会員の違いなどは、下のリンクから確認していただきたい。

2 授業記録

Evernoteでは、さまざまなデータを一括して管理することができる。
そこで、教師が使うならば授業の記録として使うことができる。
授業記録では、次のようなものを同時に記録できる。

<授業の記録>
1 教科書の写真
2 板書の写真
3 児童のノートの写真
4 授業の音声 (Evernoteには録音機能がある)
5 テキスト (音声のテープ起こし)
6 テキスト (授業の発問・指示)
7 テキスト (授業の反省、子どもの様子など)
8 指導案 (添付ファイル)

※ 動画は、データ量が多いため、Evernoteでの保存が難しい。

__

今までは、これらを保存するのに別々のファイルに保存していた。
・音声のデータ  ・写真のデータ  ・画像のデータ 
これらを一元管理できるだけでも、時間短縮や作業が簡単になると思う。

いろいろな種類の動画を保存できるという機能を使えば、次のようなことにも使うことができる。

<活用方法>
1 普段の授業の記録
2 研究授業などの記録
3 重要な会議などの記録
4 セミナーなどの記録 (写真や録音などは事務局の許可が必要)

Evernoteなどのクラウドをうまく活用できれば、教師の新しいツールになるに違いないと思う。
もし、興味があればご活用いただきたい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド