TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1145127 更新:2012年12月01日

グラフの基礎基本である《円グラフ》を授業する


1.グラフの読み取り問題は必ず高校入試に出題される

定期テストでは、必ずグラフの読みとり問題を出題する。生徒はそれをよく知っているので、教科書のグラフや資料、授業で使ったプリントを復習して授業に臨む。
なぜ、それほどまでグラフにこだわるか?
北海道の場合、公立高校の入試に必ずグラフの読みとりが出題されるからである。
2003年3月に行われた入試では、次の問題が出た。

Tesuto3

基本的な問題である。
グラフと表から読みとった内容と、4つの選択肢の文章を丁寧に照らし合わせれば、容易に答えが導くことができる。
正解を導き出すには、以下のことが理解していなければならない。
   1.グラフは「社会保険給付費に占める医療保険給付費の割合の推移」を表していること。
   2.表は「社会保険給付費に占める年金保険給付費の割合の推移」を表していること。
   3.グラフから、医療保険給付費の割合が減少傾向にあること。
   4.表から、年金保険給付費の割合が増加傾向にあること。
   5.グラフでは、横軸が年度、縦軸が割合を表していること。
   6.表は、上段が年度、下段が年金保険給付費の割合を表していること。
   7.表もグラフも、年度は1973年から5年ごとに表示されていること。
これらを読みとり、選択肢として提示された4つの文章を丁寧に読めば、容易に答えが導くことができる。ごく基本的な問題である。 
北海道の入試に出るグラフ読みとり問題は4つの文章から「正しいもの」、または「間違っているもの」を1つ選ぶという四者択一形式が多い。そこで、授業では次のように指導している。

明らかに間違っている文に、まずは×をつけなさい。必ず2つあるはずです。
4つの選択肢を2つに減らしてから、もう一度、問題を丁寧に読みます。
そうすると、どちらかに明らかな誤りがあるはずです。最後まで残ったものが正解です。

グラフ問題は、答えの導き方まで指導する必要がある。
先の問題の正解率は、北海道全体で78.1%であった。この問題でさえ正解率は80%を越えない。
だからこそ、普段の授業でグラフの読みとりを指導しなければならないのである。

2.最初に授業で扱うのは《円グラフ》

中学校1年生は、授業開きを終えた第2時間目からグラフを扱う。
では、中学1年生には、どのグラフから指導したらよいのだろうか。
私は、地理・歴史・公民の教科書(教育出版)から掲載されているグラフの種類を書き出していった。

1年生が最初に学習する地理では「円グラフ」が最も多く登場する。
しかも、円グラフは割合が読みとりやすく、グラフの基礎基本を教えるには最も有効である。
地理の教科書(教育出版 11ページ)に、最初に登場する円グラフ(「大陸別の陸地の割合」)を使って、次のような授業をした。

地図帳で六大陸を調べさせた後、面積が広いと思う順に番号をふらせた。
地球儀と違い、地図は面積を正しく表しているとは限らない。
生徒は楽しみながら予想した。

指示1:

誰の予想が正しいか調べます。
その証拠となるグラフが教科書にあります。何ぺージにあるか、さがしなさい。

予想で終わっていては授業ではない。正解を導き出すことが必要である。
すぐに教科書ページであることを見つけた。全員がページを開いたことを確認した。

指示2:

証拠となるグラフを指で押さえなさい。

隣同士で確認させた。

指示3:

そのグラフのタイトルに指を置きなさい。

確認した後、全員で唱和させた。
「グラフが出てきた場合、1番大切なことはタイトルを確認することです」と伝えた後、タイトルをノートに書き写させた。

指示4:

そのグラフの出典に指を置きなさい。

確認した後、全員で唱和させた。
「出典とは、そのグラフが元々掲載されていた資料のことを言います。グラフを読みとるとき、2番目に大切なことです」と補足し、出典をノートに書かせた。

向山洋一氏は「タイトル」「出典」「年度」を《資料の三点セット》と呼び、「毎回毎回教えなくてはならない」と指摘している。
私は3年間、これを徹底する。
1か月もたてば、「はい、三点セット!」と指示するだけで十分となる。

指示5:

広い順に、大陸の名前を言います。その時、割合である%も言います。

「1位 ユーラシア大陸 35.0%です」というように、「順位なし その他 5.5%」まで唱和させた。
円グラフは、グラフの基礎基本を教えるのに最適だと考えている。割合が読みとりやすいからである。
だからこそ、「1位から順に言いなさい」「上位3つをノートに書きなさい」という指示が必要となる。
こうした指導を通して、次のようなグラフの約束事を教えていく。
     1.全体を100としてそれぞれの割合ごとに区切って表す。
     2.時計回りに1位から順に並んでいる。
     3.「その他」は順位に入れない。

発問1:

陸地全体の面積は何万km2ですか。ノートに書きなさい。

「1億4889km2」である。
私が正解を告げ、隣同士で○をつけさせた。

発問2:

アフリカ大陸の面積は何万km2ですか。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド