TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/25 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1976605 更新:2013年01月03日

鬼ごっこ 低学年お勧めベスト10


1 タッチ鬼

集まり方を教える。集まるときは
先生の周りに今のみたいに座ります。みんな座り方がきれいで6年生みたいです。

指示1:

体育館の中で鬼ごっこをします。鬼は帽子を赤にします。鬼はだんだん増えていきます。先生が「終わり」と言ったら、今のみたいに上手に集まります。最初の鬼は先生です。ようい はじめ!

「終わり」と言って集めたあと、集まり方の早い子、座り方の良い子などをほめる。
集まったところで、困ったこと、気をつけることなどを教える。
「ステージのところは逃げません」
「体育館の外に出ません」
「タッチされても、気づかない子もいるから、タッチで言ってあげるんだよ。それでもだめなら先生に教えてね」

2 タッチ鬼の変化形

場所や広さによって、変化をつける。
基本は、鬼になったら紅白帽子が赤。だんだん増えていく。「終わり」と言ったら集まる。
このシステムを使う。

指示2:

今日はスキップで鬼ごっこをします。逃げるのも鬼もスキップです。

他にも「ケンパー」や「イヌ」などもある。
場所の狭いプレールームでは、「赤ちゃんになってバブバブ鬼です」などとやることもある。

3 氷鬼

指示3:

鬼にタッチされた氷になって、その場所で固まります。
鬼じゃない人にタッチされた元に戻って逃げることができます。
鬼は赤帽子の人5人です。その人達はずっと鬼です。

4 氷鬼進化形
氷鬼も進化していく。

指示4:

凍った人は、お地蔵さんになります。(地蔵鬼)

にせの氷をふせぐことができる。

指示5:

氷の人は足を拡げて立ちます。足の間を潜ってもらったら復活できます。
小さくなって、上を馬跳びのように越えるなど、応用ができる。

助け方、助かり方に変化をつけることもできる。

指示6:

3回凍った人は、鬼になります。鬼がだんだん増えていきます。

競技的な要素もできる。

5 レンジでチン
氷鬼の中で人気のあるのが、レンジでチンである。

指示7:

二人で両手をつないで、その人を囲んで 「レンジでチン」と言いながら、上から下まで囲んで腕をおろしてあげると、凍った人が元に戻れます。

言葉の説明ではなく、実際にやってみせると分かりやすい。
男女で両手をつないで、友達を助けるので、学級作りにもとってもいい。

6 手つなぎ鬼
つながった人が2人組になっていくのと、長くなる場合がある。
長くなるのは時間を限定する方が良い(鬼が疲れる)
男女で手をつないでいるところをしつこいぐらいほめた方がいい。

7 色鬼
色鬼は、鬼が増えていくのを基本とした。
童歌風に歌を入れるといい。
たとえば 鬼以外
「何の色 何の色 何の色に逃げればいいの?」

「赤」
というようにである。
時間で区切って、全員に逃げるのを待たない方が盛り上がる。

8 高鬼
高いところに登ったら、タイムの鬼ごっこ。
10秒だけ休み、同じ所に続けて乗るのはなし。鬼は2m離れる…などルールを基本とした。
3回鬼になったらずっと鬼というようなルールがあると、競技的になる。  


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド