TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/01/19 現在)

21588
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320195 更新:2013年01月03日

子どもの体格に合う机といすを見つける方法


短時間で、しかもその場でできる方法で、子どもの体に合った机といすを使わせたい。

ある学級の臨時担任になったときのことである。
何か意図があったのかもしれないが、子どもたちを見て驚いた。
クラスで一番背の低い子が、一番高い机といすを使っており、体格のいい子が低い机といすを使っていた。
背の低い子は、足が床につかず、ブランブランしていた。立ったり座ったりも大変そうだった。
反対に、体格のいい子は窮屈そうだった。

早急に、子どもの体に机といすを合わせたい。
しかし、高さ調節の機能がついていない。

短時間で、しかもその場でできる方法を考えてみた。

1.教室の北側半分に、机を低い順に並べる。(横6列・縦6列を目安に)

2.教室の南側半分に、いすを低い順に並べる。(横6列・縦6列を目安に)

3.子どもを廊下にだし、背の低い順に並ばせる。(男女各1列の2列になっている)

4.3を男女混合の、背の低い順に並べ替える。・・・1列になる。

5.背の低い子から順に教室に入れ、いすに座らせる。・・・いすが決まる。

6.背の低い子から順に、机を決める。・・・椅子をもって決まった机に行かせる。机も決まる。

7.自分の元の席に、新しく決まった机といすを運ぶ。

8.他の席へ移った自分の道具をとりに行き、自分の席に運ぶ。

体格のいい子は、太ももがつかえないため、気づかれないように、やや高い机にさせた。
新しいもの、古いもの、差は大きかったが、子どもたちは不満もいわず、あたったものを受け入れており立派だった。

身体測定の「身長の記録」を見ながら手作業で並び替えるのは、至難のわざだと思った。
この方法ならその場ですぐにできる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド