TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9903569 更新:2013年01月02日

「ま・つ・だ・さん」という説明方法で、説明問題に取り組む


次のような問題がある。

3こで1パックになっている
ヨーグルトのねだんは240円です。
12こ買うと、いくらになりますか。

説明1:

教科書には、2人の考えが書いてある。
1人目の考えを説明させるために、説明しながらやってみせた。

ヨーグルト1このねだんを考える。
240÷3=80
80×12=960
答え 960円

指示1:

指示は、次のように行った。
①「教科書の言葉や式を使って、説明文を書きます。最初は、『まず』から始めます。」
②「次に、80×12=960の部分だけど、言葉を補います。」

問題文の言葉を使って、補わせる。
求めているものは、12こ分の代金である。
それに気づかせ、板書した。
③「最後は答えを書きます。」

ノートは、以下のように書かせた。

“まず、ヨーグルト1このねだんを求めます。 240÷3=80”
“次に、ヨーグルト12こ分の代金を求めます。 80×12=960”
“だから、答えは960円です。”

説明2:

「今書いた、文章の最初の文字をとって、説明問題のま・つ・だ・さんと言います。」
説明の仕方が分からない子も、板書の説明をノートに写して書いていくうちに、書き方を身に付けていく。

2人目考えを、子ども達に書かせてみる。

12こは、3この何倍かを考える。
12÷3=4
240×4=960
答え 960円

説明3:

“次に~”の部分が難しいので、少し補いながら行った。
「4は、何が4あるのですか。」
「ヨーグルトが4パックです。」

これを押さえて、子ども達はノートに次のように書いた。

“まず、12が3の何倍かを求めます。 12÷3=4”
“次に、ヨーグルト4パックの代金を求めます。 240×4=960”
“だから、答えは960円です。”

1人目の説明を書いたように、ノートに写す。
早く書いた子は、板書する。

様々な説明の「型」を教え、できるように進めていく。

どのように書くか、書き方を身に付けることで、「説明できる」力を高めていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド