TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/21 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9512557 更新:2013年01月02日

家庭科 調理実習 ポイント8


調理実習のポイントを 掲載しています。

ポイント1 初めは、あせらず簡単なもので!

 5年でも、6年生でも最初に作るのは、かなり簡単なものでいいのです。
 5年生であれば、お茶をいれる
 6年生でも、目玉焼きや、スクランブルエッグなどから始めればよいと思います。
 手のこんだものは、しっかりと力をつけてから、取り組みましょう。

ポイント2 必要なものを書き出す。

何が必要なのかを、プリントやノートなどに書き出すことで、実習の手順や段取りなども考えることができます。

ポイント3 実習する以前の日に、家庭科室で必要なものを探し、机の上に出させる

探して、出すという活動が、どこに何があるのかを意識させます。
 当日、必要な用具が短時間で用意できます。

ポイント4 机の上に出したものを片付ける練習をする。

片付ける経験をさせておくことで、何も指示しなくても、
片付けまで自分たちで行えるようになります。

ポイント5 使う器具は全て、洗剤で洗う。

特に包丁、まな板などは良く洗う必要があります。皿なども当然洗います。
食中毒には充分注意が必要です。
気になる場合は熱湯消毒までしてもいいかもしれません。

ポイント6 包丁は動かさない。

基本的に包丁は移動しません。
まな板の上などに置いて、渡すようにします。
事前にこれを徹底的に指導しておきます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド