TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2310243 更新:2013年01月02日

落ち着いて勉強ができる学級をつくる8つのヒント


「落ち着いて勉強ができる学級をつくるための10のヒント」と題して,2003年度のTOSSデーで話した内容です。

◆ヒント1 読み聞かせをする

どならずに教室をシーンとさせたい,学級に落ち着きを取り戻したい,そんな時には「読み聞かせ」が有効です。昨日買った本を教室にもっていきます。そして簡単なクイズを出しながら内容を紹介します。最近見つけた素敵なHPのプリントアウトでもかまいません。あるいは今朝の新聞記事。気になった記事を淡々と読みあげます。さらに教師が自分のエピソードを短く語ります。こんなことですが,根気強く続ければ教室には変化が現れます。落ち着かない学級でも,席につき教師の言葉に耳を傾ける生徒の目を見て語り続けることです。

◆ヒント2 授業の開始を工夫して,すべての生徒を授業に巻き込む

行事を控え,落ち着かない学級で授業を始めるとします。だれでも答えることのできる簡単な「問い」を出します。(例:「『青春』と聞いて連想するものをできるだけたくさんノートに書いてごらんなさい。」)この「問い」には「書きなさい」,という作業指示をつけ加えます。「3つ書けた人から見せてください」と指示し,ワークシートやノートを教師のところにもって来させます。「よし!」「いいね!」「すごいね!」と言葉をかけ,それらを黒板に書かせます。こうして全員を授業に巻き込んでいきます。

◆ヒント3 男女で取り組む活動を仕組む

「落ち着きのある学級」は男女の仲が良いものです。静かでも,男女の仲が良くない学級はなんとなく落ち着きません。まとまりがないからです。授業で男女の意見を効果的に交流させる方法が数々あります。黒板に意見を書かせてそれにコメントをさせることもその一つです。また,手紙形式で意見交換を図ることも生徒は喜びます。カルタ,ゲームも有効です。教室が生徒の笑顔であふれるTOSSの教材『五色百人一首』『英語ことわざ名言カルタ』はおすすめです。

◆ヒント4 何かにつけて生徒をほめる

「ほめる」ことは言うまでもなく大切です。また,「叱る」ことも大切です。教師が本気で生徒に接するならば,「ほめ言葉」も「叱る言葉」も数百は必要です。中学生は感性豊かです。場面に応じた教師の「対応の言葉」を日頃から意識しておきます。もちろんユーモアも必要です。(TOSSランド内「ほめ言葉」で検索参照)

◆ヒント5 学級のシステムを見直す

学級にはシステムが必要です。当番(係)が必要です。まずは担任教師がいなくても学級が機能する(落ち着いて授業が受けられる)仕組みをつらなくてはなりません。教科連絡,配布物,朝礼・終礼のやり方,席替えの仕方などが大切です。無駄なこと,無理なことは止め,必要なことを早くきちんと行う仕組みを作ることです。朝礼,終礼での「教師の話」はできるだけ短くします。5分も10分も話す内容がある場合は「道徳・学活」で授業をします。単なる話で学級がうまくいくはずはありません。知的な授業をすることにより学級は向上します。

◆ヒント6 勉強のやり方,どれだけやればよいかの見通しを示す

中学生には「勉強そのものを教える」ことも必要ですが,「勉強のやり方」を教えることはもっと重要です。「中学3年間の勉強の見通し」をエピソードを交えて話します。日々の授業への取り組みを教科担当の先生の話をもとに生徒に振り返らせます。中学校で習う漢字の総数,数学での最重要の指導事項(正の数,負の数の四則計算ルール等),理科の教科書の太字(重要語句),社会科の教科書の太字,書けるようにしなくてはならない英単語,それらを示すことで生徒に勉強の見通しをもたせます。家庭学習のやり方,目標時間,ノートの使い方。教科担任と連携しながら指導すると効果は大きくなります。

◆ヒント7 すぐれた教材,TOSSランドを使う

TOSS中学の『あかねこ漢字スキル』『あかねこ計算スキル』は担当教科を問わずその使い方を知っておいて損はありません。この2つの教材で勉強をした全国の中学生が「分かりやすい!」「使いやすい!」「できる!」と感想を述べています。中学社会学力補強5分間プリント,中学英語学力補強5分間プリントも生徒には大好評です。さらに,TOSSランドを使うことです。パソコン,プロジェクター,インターネット接続環境に対応したコンテンツもたくさん収められています。「これは!」という授業のやり方などをコピーをしてノートに貼り付け,実践しましょう。

◆ヒント8  サークルに参加して,人に授業を見てもらう。 困ったことは相談にのってもらう

中学校は「谷あり,谷あり,谷あり」です。一人で悩んでいても,考え込んでいてもろくなことはありません。お近くのサークルで仲間をつくることが日々の仕事を必ず充実させます。TOSSサークルでは授業検討,レポート検討をしています。また「授業の原則」「新卒教師十か条」「子どもを動かす法則・補則」「TOSS授業技量検定項目」などに沿って,授業のやり方,子どもへ接し方・付き合い方などの技能のチェックを行っています。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド