TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1150126 更新:2012年10月26日

授業開き (中1 英語 初日 3つめのパーツ フラッシュカードを用いたアルファベット発音練習)


中学1年 英語 授業開き(初日 3つめのパーツ フラッシュカードを用いたアルファベット発音練習)

中学英語に初めて出会う中1にとって、最初の3日間の取り組みは特に重要である。All in Englishで、リズムとテンポよく授業を行う。初日の実践。3つめのパーツでフラッシュカードを用いてアルファベット練習。教師は教卓の後ろで全体に見える位置。フラッシュカードAからZを顔の横。1回目は特に丁寧に発音する。

Repeat."A"

3回練習する。

最初は真ん中、2回目は廊下側、3回目は校庭側を向いて言う。

2回目3回目と生徒が言ってから、教師が言うまでの間隔を徐々に短くする。

1回目
Teaceher(以下T):"A".(真ん中を向いて)
Students(以下S):"A".

2回目
T:A(廊下側を向いて)
S:A

3回目
T:A(校庭側を向いて)
S:A

1回目
T:B(真ん中を向いて)
S:B

・・・

(Zまで練習すると時間がかかるがやり終えると生徒に達成感のある表情が浮かんだ。)

フラッシュカードは重いので、1枚終る毎、横から抜いて机に置く。

教師はフラッシュカードをみず、生徒に視線を注ぐ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド