TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/25 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7582214 更新:2013年01月01日

明日教室で使えるクイズ・ゲーム「これは何本?」


説明1:

「これは何本?」というクイズをやります。最初に確認しておきましょう。
 (指を1本立てながら)これは、何本でしょう?  →  子ども「1本」
 (指を2本立てながら)これは、何本でしょう?  →  子ども「2本」
 (指を3本立てながら)これは、何本でしょう?  →  子ども「3本」

発問1:

では、クイズです。
(指を2本立てながら)これは、何ぼんでしょう?

子どもたちは、指を見て「2ほん」という。

説明2:

これは、「3ぼん」です。

「えー?」「なんでー?」という声があがる。
このクイズはこういう仕掛けになっている。

立てている指の本数はまったく関係がない。
「何本でしょう?」の「本」の言い方により、答えが決まってくる。
「何ぽんでしょう?」  →  (答え) 1ぽん
「何ほんでしょう?」  →  (答え) 2ほん
「何ぼんでしょう?」  →  (答え) 3ぼん 

例えば、指を1本立てておいて「これは何ぼんでしょう?」と問う。
子どもたちは、立っている指の本数を見て「1本」と答えてくる。しかし、答えは「3ぼん」なのである。
クイズのポイントは次である。

「何本でしょう?」と問う時、単位(ぽん・ほん・ぼん)の違いに気づかせないように、さりげなく言う。

単純なクイズだが、子どもはのってくる。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド