TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8819027 更新:2013年01月02日

チョウ(タテハチョウ)のなかま2


ツマグロヒョウモン(チョウ目 タテハチョウ科)
もともと南方系のチョウですが、幼虫がパンジーなどスミレ類を広く食べることから園芸植物にまぎれて広がったと言われています。また、地球の温暖化もこのチョウの隆盛に一役買っていると言われています。雄は、後翅のへりが黒くなっています。雌は、前ばねの端の黒色がよく目立ちます。体内に毒を持つマダラチョウの仲間、カバマダラに擬態しているといわれています。

____________
____________
_________091012__
_________091101___

コミスジ (チョウ目 タテハチョウ科)
濃茶色地に三本の白い帯を持つやや小さめのタテハチョウです。はねを開いてとまることが多い。
林の周辺でよく見られます。幼虫の食草はクズ、フジなどのマメ科植物です。

_____100912____
_____100912____

ホシミスジ (チョウ目 タテハチョウ科)
濃茶色地に三本の白い帯を持つやや小さめのタテハチョウです。コミスジに似ていますが、1本目の帯が白色紋列になっていることで区別できます。幼虫の食草は、シモツケ、ユキヤナギ、コデマリなどです。

_____110615__
_____110616___

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド