TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/24 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2270828 更新:2013年01月01日

中学社会実践事例集(公民)


新TOSSランドに登録されている、中学社会のコンテンツを一覧にまとめました。
こちらから、必要な指導案を探すことができます。
ぜひ、ご活用ください!!

1 授業開き

   4月に授業開きに最適な法則化の本を紹介します。

   中学校3年生の授業開きです。

2 基本的人権

   日本と世界の人権の歴史を比較して考える授業です。

   授業でモノは有効です。モノを使って自由権の学習をしました。

   中学校の社会科の授業では見開き1ページを1時間で組み立てるのが基本です。
   しかし、ときには時間をかけて授業を行いたいページもあります。
   そこで時間をかける分、時間をかけずに進度を進めることを目標とした授業が必要になります。

   日本国憲法の学習の第一時で行った授業です。

3 政治

   教科の力を伸ばす方法として、教科書見開き2ページ50発問づくりに挑戦しています。
   教育出版中学社会・公民の衆議院と参議院で発問50づくりに挑戦しました。

   東京書籍の教科書『新しい社会・公民』を使った授業です。
   日本の政治(行政)がどのように行われているか、国会との関係(議院内閣制)を意識しながら学んでいきます。

   裁判について学びたいのなら、実際の裁判を見に行くことです。裁判は毎日のように行われていて、しかも傍聴できます。
   生徒にも社会科見学の機会があればよいですが、現実問題として難しいです。そこで模擬裁判をやらせることにしました。
   その後に教科書を使って重要語句を押さえれば、説明だけの授業と比べて生徒たちの理解は断然早いです。
    模擬裁判のシナリオは本HP下段に示した書籍を参考にさせていただきました。
   また東京書籍の教科書にも簡単な模擬裁判のページが載っています。このようなものを使用することも可能です。

   教科書から用語の定義を読み取る作業を通して、裁判の種類を確認していく授業です。
   拙指導案の「模擬裁判」を実行した後に行うと、さらに理解が深まります。
   教科書は、東京書籍『新しい社会 公民』を参考にしました。

4 経済

   『第12期教育技術の法則化中学校社会』「ハチミツレモンで資本主義を」(赤石賢司氏)の修正追試です。
   お茶のペットボトルを使い資本主義の競争原理を具体的に理解させます。

  高校入試には、時事問題が出題されます。2005年入試では《新札発行》をおさえさせました。
  調べ学習が早めに終わったので、余った25分間を使ってインターネットを利用した授業を行いました。

5 国際社会

   アルファベットの略語はややこしく量も多く覚えるのが大変です。
   そこで私は以下の穴埋めプリント使ってまとめています。なお、ページ数は東京書籍のページ数です。

   出来るだけ説明を省き、教科書を使ってテンポ良く作業させることで、テロリズムと地域紛争の概要について理解させます。

6 その他

  ADHDやLDをはじめ、グレーゾーンの生徒への対応をどうするか?
  私は「教科書から抜き出させる」という方法を導入しています。効果は絶大です。

   TOSS中学社会から画期的な学力保障教材が誕生しました。
   16年間実施してきた「復習小テスト」をベースに、システムを修正して誕生した教材です。


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド