TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/19 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111402 更新:2012年12月01日

漢詩「静夜思」授業の導入 伊藤和子氏の模擬授業 修正追試


李白の有名な詩「静夜思」の授業の導入である。
2002年1月、トークライン中学関西サークル・TOSS中学Kサークル合同合宿で行われた伊藤和子氏の模擬授業の修正追試である。
追試により伊藤氏のリズムとテンポを学ぶことを目的とした。
修正点は最後に白文での音読を入れた点である。
指示10までが伊藤氏の授業の追試である。

指示1:

水色のプリントありますか。出してください。無い人手を挙げましょう。無い人いませんね。

プリントを全員が持っていることを確認する。

指示2:

タイトルを一緒に読みます。さんはい。

タイトルで全員の声を揃える。

指示3:

1行ずつ読みます。先生について読みます。

1 静夜思 李白
2 牀前月光を看る
3 疑ふらくは是れ地上の霜かと
4 頭を挙げて 山月を望み
5 頭を低れて 故郷を思ふ

指示4:

すごい揃ってる。それでは、少しテンポをあげますね。

テンポをあげてもう一度音読する。

指示5:

それでは隣の人に読んであげて、一回聴いてください。済んだグループは止めと言われるまで練習を続けましょう。

読ませながら次の言葉を掛ける。
1.練習を続けるとまだのグループが心細くありませんよ。声を張って練習を続けましょう。
2.すらすら読めることが国語の基本です。何回も何回も読みましょう。

指示6:

はい止め。

まだ立って読んでいる人がいるときは読ませる。これがちょっとした思いやりで、クラスに安心感をあたえるからである。

指示7:

全員で読みます。さんはい。

指示8:

ではこっからこっち側行きます。さんはい。

クラスの半分に音読させる。

指示9:

ではこちら側。さんはい。

ほめる。「すごいもう顔があがっていて覚えている人がいます。みんなの前でちょっとやってみようという人はいますか。」
「んーそれはちょっと難しいですね。では次。」

指示10:

下の段を見ます。下の段、2行目を指で押さえましょう。

指示11:

隣同士確認しなさい。

ほめる。「はやい。」

指示12:

先生がゆっくり読みますから、読む順番で漢字の右側に数字をふりなさい。

指示13:

上から順に全員で数字を言います。さんはい。

同様に1行目、3行目・4行目と行う。ほめる。「すごい、全員合格。」

指示14:

プリントを裏返しなさい。

指示15:

上の段を全員で読みます。さんはい。

ほめる。「すばらしい。返り点が無くても読めますね。」

指示16:

下の段だけが見えるようにプリントを折りなさい。

指示17:

白文で読みます。すらすら読めるようになった人は座って暗唱しなさい。全員起立。

以上5分間。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド