TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/25 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111465 更新:2012年12月01日

分析批評で「大造じいさんとがん」の視点を検討する


分析批評で「大造じいさんとがん」の視点を検討する

「大造じいさんとがん」を下記のような指導計画で授業する。教科書は光村図書である。

・1時間目~全文通読(追い読み、個人読み) 
・2時間目~2人組で起立して音読。(一文交代読み)最後まで読んだら役割を変えてもう1回。
        残った時間で意味調べ。
・3時間目~この物語は大造じいさんと残雪の何年にわたる戦いが書かれているかを話し合った後、
        各自表にまとめる。
・4時間目~表にまとめたことの発表。(授業の前半は行事の準備だったので20分間)
・5時間目~うつし丸くんで「大造じいさんとがん」のスピード視写。その後、一人称視点、
        三人称視点(全知、限定 客観)について図を書いて子どもに説明する。
        あわせて話者という言葉も教える。
・6時間目~大造じいさんとがんはどの視点で書かれているかを検討する。(本時)
・7・8時間目~大造じいさんとがんの中で対比されているものを考える。

6時間目の授業について書く。前半が石橋卓氏、後半が浜上薫氏の追試である。

発問1:

「大造じいさんとがん」の中で、誰かの心の中が表現されている文がありますか。

「大造じいさんは・・・いまいましく思っていました。」「今度はうまくいきそうな気がしてなりませんでした。」などの文を見つけた。これで客観視点でないことを確認した。

発問2:

「大造じいさんとがん」は全知視点で書かれていますか。それとも限定視点で書かれていますか。ノートに書きなさい。 

挙手させ人数を確認した。
全知視点7人   限定視点16人

指示1:

理由をノートに書いて持ってきなさい。

持ってきたノートには全て丸をつけて自信を持たせる。丸をもらった子は相手への反論を書くようにさせた。
10分後、教室のまん中に机と椅子を向けさせ、指名なし討論をさせた。主な意見として次のようなものがあった。
・「限定視点だと考えます。理由は残雪の心の中は1つも書かれていないからです。」
・「全知視点だと考えます。理由は確かに大造じいさんの心の中がたくさん書かれてあるけど残雪の心の中も2、3回書かれているからです。」
・「全知視点はおかしい。なぜならば話者は大造じいさんの中だけに入っているからです。」
・「限定視点はおかしい。 教科書の93ページの7行目に『様子の変わった所には、近づかぬがよいぞ。』『彼の本能 は、そう感じたらしいのです』とあって残雪の心の中も書いてあるからです。」
・「『そう感じたらしい』ということは、はっきりと感じたのではなくて、予想して言っているので違うと考えます。」
※ 討論の結果、全員が限定視点となった。
ここまでが石橋氏の追試である。次からが浜上氏の追試である。

説明1:

みんなが言うように、この物語は、大造じいさんの目を通した三人称限定視点で書かれていますね。

うなずく子ども達。「それでいいですね。」と念をおした後、「では、先生が今から読むところを聞いてみてください。」

残雪の目には、人間もハヤブサもありませんでした。ただ、救わねばならないなかまのすがたがあるだけでした。
(中略)しかし、第二のおそろしい敵が近づいたのを感じると、残りの力をふりしぼって、ぐっと長い首を持ち上げました。そして、じいさんを正面からにらみつけました。

読み進めていくうちに子ども達の中から「あれ?」「ひょっとして全知?」という声があがる。

指示2:

残雪の心に話者が入っている箇所に線を引きなさい。

・ありませんでした。 ・あるだけでした。 ・近づいたのを感じると、

発問3:

何ページの何行目から何ページの何行目まで入れかわってますか。

・「98ページ8行目~99ページ14行目まで。」

指示3:

残雪の心に話者が入っていない形で読んでみましょう。

・ありませんでした。→ないようでした。
・あるだけでした。→あるだけのようでした。
・近づいたのを感じると、→近づいたのを感じたらしく、

発問4:

なぜ、この戦いの場面だけ残雪の心に話者が入っているのでしょう。

・「この場面は、お話の1番盛り上がっているところだから残雪に入れかわった。」
・「戦っているのは残雪で、大造じいさんは見ているだけだから。」
・「この場面は残雪に入った方が、迫力があるから。」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド