TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/24 現在)

21504
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6470654 更新:2013年01月01日

言葉書道


発問1:

赤ちゃんに名前をつけてお祝いする式があります。命名式といいます。
命名式 言ってごらん
次もお祝いの写真です。何ですか

説明1:

元々七五三は、それぞれの年齢に毎に行われていた年祝いが一つになったものである。
先に書いたように、男児と女児で祝いう年が違っているのも、元をたどると古いそれぞれの年祝いに由来していたりする。

発問2:

生まれて7歳までに、主なものだけでもこんなにたくさんの祝いがあります。
こんなにたくさんのお祝いがあるのはなぜでしょうか。
□に入る言葉は何でしょうか。漢字1文字です。   

説明2:

お医者さんが少なくて医療の遅れていた昔は、幼い子どもが亡くなってしまうことが多かったのです。
だから「神様からのあずかりもの」として大切にし、成長の度にお祝いをしていました。
  
昔は元服という式を終えると大人の仲間入りをしていました。
およそ14歳で元服。半分の7歳。神の子の節目と言われていました。

発問3:

今は成人式です。大人の仲間入りをするのは何歳ですか
ではその半分、神の子との境目は何歳ですか。

説明3:

今10歳の人。
4年生で10歳になります。20歳の半分だから1/2成人式と言ったりします。
大人から守られている時代から、大人への準備を始めるスタート地点に今みんなは立っています。

説明4:

日本人は書くということを大事にしてきました。
一年の初めには書き初めをしたり、新学期に目当てを書いたりしますね。
「書くことは成功の秘訣」という人もいます。

説明5:

イチロー、小学校の時の作文です。
大人になって「努力する才能ならある」と書いています。

松井選手がお父さんが松井選手が小学校3年生の時に送った言葉です。
努力できることが才能である

テキストを記入して下さい

指示1:

今年こういう一年にしたいという思いを漢字一文字にします。
その後にメッセージを書きます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド