TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6844825 更新:2013年01月01日

『ごんぎつね』全指示・全発問 12


12   1~6場面の要約を見て、気がついたことを発表する

いよいよ『ごんぎつね』もフィナーレを向かえた。まず、1場面から6場面まで、短くまとめたものを一覧表にして板書した。

ごん
1場面 ごんは、兵十にいたずらをした。
2場面 ごんは、兵十のおっかあのそうしきを見てこうかいした。
3場面 ごんは、兵十の家へうなぎのつぐないに、くりや松たけをもっていった。
4場面 ごんは、兵十と加助の話を聞いていた。
5場面 ごんは、兵十と加助の話を聞き、ひきあわないと思った。
6場面 ごんは、兵十に火なわじゅうでうたれた。

兵十
1場面 兵十は、ごんに魚やうなぎをとられた。
2場面 兵十は、おっかあが死んでしおれている。
3場面 兵十は、いわし屋になぐられた。
4場面 兵十は、毎日、くりやまつたけが置いてあるのをふしぎに思った。
5場面 兵十は、くりや松たけが置いてあるのは、神様のしわざだと思った。
6場面 兵十は、火なわじゅうでごんをうった。

指示1:

この表を見て、わかったこと、気がついたこと、思ったことをノートに書きなさい。

次々に発表が続いた。
・「ごんは」「兵十は」で始まっている。
そう、そういうことでいいですよ。
・ 兵十は、ごんにずっと仕返しをしたいと思っていた。
これは、他の子に聞いてみた。反対意見が相次いだ。
そういうことは書いてない。そういうことは言っていないと反対された。
・兵十とごんは逆のことが書いてある。
・1場面でごんと兵十の距離が近くて、2場面で離れて、それから近づいている。
・ 最初ごんが後悔して、後で兵十が後悔した。
・1場面で出会い、ごんと兵十はだんだん深まっていく。
これに対しては、反対意見が出された。
・兵十は、ごんのことは前から知っていた。
・1~5場面はごんの視点で、6場面は兵十の視点で書かれている。
・ごんはずっといたずらをしていたが、はじめて後悔した。
・兵十のまとめのところで、1場面と6場面はごんが出てくるけど、2~5場面はごんは出てこない。

指示2:

兵十のまとめのところで、「ごん」と「兵十」を赤鉛筆で囲みなさい。

・ ごんは兵十を見ている。
・ ごんは2~5場面は兵十を見ていて、1場面と6場面は兵十と接触している。

指示3:

ごんのまとめのところで、「ごん」と「兵十」を赤鉛筆で囲みなさい。

一目瞭然である。

・ごんを主語にしてまとめさせたところは、兵十が6回連続出てくる。
・兵十を主語にしてまとめさせたところは、ごんが2回しか出てこない。

指示4:

「兵十の表」の1場面と6場面のごんを赤の矢印でつなぎなさい。

このことが浮き彫りにされた。

・兵十の視点では、2~5場面はごんはいない。
 わけ ごんは、かくれて兵十を見ている。
 わけ ごんはいたずらをしたから、姿をかくさないといけない。

意見が続く。
・ごんは4場面で兵十と加助の話を聞いていて、5場面でひき合わないと思った。(黄色の矢印でつないだ)
・兵十は3場面でいわしを投げこんだのはだれだろうと思っていて、6場面で「こないだうなぎをぬすみやがったあのごんぎつねめが」と言っているので、3場面と6場面はつながっている。(黄色の矢印でつないだ)
 とてもすばらしい意見がたくさん出たことをほめた後、このようにまとめた。

説明1:

ごんは兵十のことをずっと思っていますが、兵十はごんのことを忘れています。火なわじゅうでうった時に、ごんのことを思い出したぐらいです。ふだんは、ごんのことは眼中になかったのです。これは悲劇なのです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド