TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5985544 更新:2012年12月01日

いもほり(第1時)


クレヨンの特性を生かして,いもの色をすてきに表現し,力作ぞろいの作品が。

(準備)
  クリーム色の画用紙、かきかたえんぴつ、コンテ(茶・黄)、クレヨン、汚れふき取り用のガーゼ、更半紙テキストを記入して下さい

1.いもほりを体験する

 学習園で育てたさつまいもを収穫。
そのとき、必ず、ほりたてのいもを両手でつかませて、感触を全員の子どもに体験させること。
 休んでいる子の分は少し残しておいて、後日、いもほりを体験させた。

2.ほりたてのいもの色・形を想起する

発問1:

ほりたてのさつまいもの色には、どんな色がありましたか。

赤、  茶、 紫、 黄、 こげ茶、 ピンク、 黒、  黄土

指示1:

自分たちのグループがほったいもの中で、一番大きかったいもの形を、指でかいてごらん。

3.いもをかく

各自、指でそれぞれのいもの形を、空がきさせる。

指示2:

(黒板に画用紙をはって示しながら)画用紙の下3分の1より下のところに、鉛筆でうすく、大きないもをかきなさい。

・ うすくても、かたつむりの線を徹底させる。
・ 鉛筆の芯のとがっている子は、紙にかいて、丸くさせる。
・ 自分たちのほった中で、一番の自慢のいもを描かせるようにする。

4.いもをつかんでいる手を描く

指示3:

指示3 画用紙を反対に向けなさい。左手で(左利きの子は右手で)ふでばこをつかんでごらん。
・ 大きないもをつかんでいるように、ふでばこをつかませる。

指示4:

指示4 画用紙を反対にしたままで、いもをつかんでいる手を、コンテでかきなさい。
・ ふでばこをつかんだ手を先に描き、 その後、反対の手も描かせる。

5.いもを着色する

指示5:

指示5 画用紙の向きを元に戻しない。 手で隠れていないいもの線を、コンテでしっかりとなぞりなさい。

・ 前で示してやること。

指示6:

指示6 今、つかんでいるいもの色をぬります。
     ほりたてのいもの色のクレヨンを2cmぐらいに折って、このように少しずつぬっていきます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド